コンシューマ三昧

親知らずが痛くてイライラ。
病院行って鎮痛薬をもらってきたけど、それでもイタイ。
こんな日はなにやってもうまくいかないし攻撃的になるので、攻撃的なゲームをやってみました。

デーモンストーン
D&Dフォーゴットンレルムを舞台にした、PS2のアクションゲーム。
今日やっとクリアしました。

世間の評判はさておき、個人的にはかなり楽しかったです。普段あまりアクションをやらない人でも、ちょっと親指を酷使して頑張ればクリアできる難易度で遊びやすかったです。

あとD&Dでこーゆー廚っぽい世界を救うシナリオもありだなーというのを再認識した次第。
公式シナリオはどうしても特定キャラクターを想定していないために、キャラクター視点で見ると淡々としたストーリーが多いですが、このゲームや、もともとはゲームのキャラクターだったと思われるキャラクターが活躍する小説(ドラゴンランスとか)では個人の背景が全体のストーリーの中に組み込まれていて、やっぱあっちの人も自分のキャラクターの物語を求めているんだなという一端が感じられます。

またクリア後特典では、アクションとムービーだけでは表現しきれない、ストーリーの補完が行われています。まあ止め絵が動くのと、ナレーションだけなのですが、スラードからドラゴンへのテレパシーの内容とか、なかなか凝っていていい感じでした。

まー、とにかく面白かったです。
これを再現するキャンペーンシナリオ集とか出ないかなぁ。

-----

勢いに任せて、次に『機動戦士ガンダム 一年戦争』をクリアしました。
なんかヨドバシカメラで四千円後半で売られているのを見て、これはお買い得と思ったのですが。どうやら2ちゃんねるを見ると超絶大不評のよう。在庫余りまくりで投売り中らしいです。

とはいえ。ゲームの方は普通に結構面白いです。
アクションゲームなんですが、連邦vsジオンのような対戦ではなく、アムロ追体験シミュレーションといった感じ。

まぁ一年戦争を題材にしたゲームが多くて新鮮味がなかったり、操作にちょっと癖があったり(攻撃がR1,R2だったり)、ボリューム感のなさが不評の原因だとは思います。
が、僕みたいなヌルアクションゲーマーには丁度いい感じ(コストパフォーマンスは抜きにして)。

ステージはかなりTVシリーズを忠実に追いかけています。たださすがに完全再現というわけではないので、人それぞれで不満点はあると思います。僕的にはブラウブロが出てこなかったことかな。主要なジオンMS/MAで出てこないのはブラウブロとザクレロだけだと思うのですが、ザクレロだけ出てこないならばネタっぽくて面白いのですが、ブラウブロも出てこないとなると力不足感が感じらちゃうんですよね。
シン・マツナガジョニー・ライデンも出てくるのに。。。

全体的にちょっとしたアクションを楽しみつつ、名セリフを聞いたり、メモリアルシーンを再現するのが楽しいゲームでした。まぁ操作に習熟するとカッコイイ動きが出来たりするのかもしれませんが、そこまでやり込むかは微妙です。

最後に印象に残った、というかクリアに苦労したステージ。

・ガルマ出撃す
 ホワイトベースの左舷機銃を操作するステージ。出現パターンをなんとなく覚えてやっとクリア。なおしばらく機銃を撃たないとあの名セリフ「弾幕薄い」が聞ける。

・ソロモン攻略戦
 ジャンプを繰り返して、階段(?)を登っていくところで苦労。なんか別のゲームをやっている感覚でした。おかげでジャンプ操作をかなり習得出来たけど。

・宇宙要塞ア・バオア・クー
 ステージ開始早々、ジョニー・ライデン率いるキマイラ隊との戦闘がツライ。そのあとのドロスやジオングとの戦いはオマケかって感じです。ラストステージの「脱出」といい、ジオング実は強くないっていう解釈は面白いかも。

全体的に面白かったんですが、でもミリオン目指すソフトじゃないような。。。
ユーザー、開発者、販売といろんなところでの温度差を感じたゲームでした。

広告を非表示にする