星の鼓動は愛

今日はソロ活動の日だったので、久々に仕事帰りに映画を観て来ました。
場所は例によってCINE CITTA'。映画は『機動戦士ZガンダムⅡ - 恋人たち - 』。

相変わらず電波な映画で、脳内で画像補正やストーリー補完が必要という不思議映画です。アレを削って、ソコをクローズアップしたのかと再編集の仕方とか、端々に醸し出す新しいメッセージとか、インパクトのあるセリフのキレとか、決して単品では観れる映画ではないのですが、作品だったり、自分の人生だったりのバックボーンをひっくるめての作品として楽しく観ることが出来ました。

一作目にはなかったTV版と違うだろ!っていう「新訳」もありましたし。

ラストの三作目はエンディングすら変えるみたいなので、これまた超期待してみたり。

# Zのエンディングはあの時代だからこそであって、今同じことやっても「古い」もんね。

広告を非表示にする