ルーンバウンド

今日は『トーキョーN◎VA』で遊ぶ予定を急遽変更して『ルーンバウンド』を遊んできました。まずは例によって遠くまで来ていただいた上に、当日朝バタバタして仕切りが甘くて申し訳ない。そんな中集まってくれた が〜じるさん、雅寿丸さん、TAKAさん。急遽召喚してきてくれた 春巫さん、どうもどうもでした。

で、実際『ルーンバウンド』なんですが。まずらしくTRPGではなくボードゲームだったりします。といってもTRPGボードゲームの違いはゲーマーにしか分かりづらいらしく、相方に説明したけど全然伝わりませんでした。そっかー、ゲーマーとしては明らかに違うものという感覚だったのだけど。

とはいえ、ゲームは『Roll&Roll』で夏(vol.13)から特集ページが連載されるぐらい紹介に力が入っていて(読んでなかったけど!)、ネットで調べた限りは評判も悪くない、これは遊べるゲームに違いないと踏んでいました。とはいえもしや今日遊ぶとは想定していなかったので、ルールも読んでいなかったし、チットも切っていなかったりな状態。そんなわけで朝8:00からチットをセコセコと切り離すというシュールな光景。

結局ルールを読むのは間に合わなかったんだけど、雅寿丸さんがルールを諳んじるぐらい精通していたので問題なくプレイできました。いやー、これ面白いです! しかも準備がいらないし。

あと。一度遊んでみると違いますね。ルール読んでるだけだと、戦術やゲームバランスは全然見えてこないので。個人的には、勝利には適度に運の要素とプレイヤーの戦術の両方が必要なところと、シンプルなデータ表現でキャラクターが立っているところが面白かったです。あとプレイ環境に合わせて、さまざまなヴァリアントルールを追加したり、たぶん自作ヴァリアントルールとか作られそうなところとか。

ただ思っていたよりもプレイ時間はかかりそう。今回5人で4時間程度。たぶんゲームとしは早く終わった方だと思うので(赤2枚しかめくれなかった)、たぶんプレイに慣れても同じぐらいの時間はかかりそうな感じ。そーなるとちょっとTRPGのセッションの後に時間が余ったから、『ルーンバウンド』というのは難しいかも。といって最初から『ルーンバウンド』単発で人を集めるのは難しそうなので、せめて3時間で終わればなぁ。。。

ゲームの結末?
なんか TAKAくんが勝利したっぽいですよ(投げやりに^^

敗因は序盤にライフを上げて、行動の選択肢を狭めたことかなぁ。序盤順調だったんだけど。あー、やはり戦いの連鎖がなければ(他の英雄を襲わなければ)、人はこれより先には行けないのか!(やめとけ)。

広告を非表示にする