オモロバトン

が〜じるさんからオモロバトンがまわってきました。
これでボクも立派なオモロ入りです。精進してオモロスレに晒されるぐらいになれるようガンバリます(本気にするな!!

Q1.2006年(1月から12月)は何回ぐらいTRPGを遊びそうですか?

約30回。2.5回/月で換算。去年後半は半年で16回遊んでいたので、だいたい想定通りになるはず(希望・願望・正夢)。

Q2.今年はどんなTRPGでGM(DM,ST,RL等)をしそうですか?

ダンジョンズ&ドラゴンズ』(キャンペーンを細く長く遊び)

アルシャードff』『迷宮キングダム』(市販シナリオを手堅く遊び)

Shadowrun 4th』『扶桑武侠傳』(たまにチャレンジャーになってみたい^^)

Q3.今年はどんな論考(コラム,雑記等)を書きたいですか?

論考というか脳内会議の議事録みたいなものをタシナミ程度に書き捨ててる予定です。あとはセッションで遊んでいる時に(「言葉足らずや面倒で)伝えきらないこと言わないことを書いて、自分のスタンスを明確にしておくといいことあるんじゃないかという願望。

内容に関しては他人を納得させる自分の意見を書くのは難しいです。だから言いたい放題書き捨て御免。僕も気にしない。あなたも気にしないが理想。

個人的には書くというプロセスで満足してます。自分との対話?みたいな。

Q4.マスターの醍醐味ってなに?

・自分好みの方向性を提示したり、影響力を行使できること。

・イマイチだった時に他人にあたりづらいこと。

面白かったセッションに理由はいらないけど、そうでないセッションには理由があるはず(楽天の野村監督っぽく)。そうならないように試行錯誤して、巧くいったと自分が思えた時の満足感が醍醐味かなぁ。

Q5.上級者ってなに?

自分より巧い(すごい)なぁと思うところがある人。
明確な基準がないからとりあえず基準を自分においてみたり。ちなみに僕は完璧超人ではないので、自分よりすごいなぁと思える点がないという人はお目にかかった記憶がないです。

# 例:あのオモロっぷりは僕にはかなわないぜーとかw

まー、自分(たち)を上級者と自称したり、初心者という言葉を連発するのは、TRPGに限らず大体痛いよね^^

Q6.ハンドアウトってなに?

口答では伝えきれないこと、忘れそうなことを書いておく資料。
マスターとプレイヤーが情報共有するための道具。

材料ゼロからのコミュニケーションは難しいか、出来ても手間がかかるんで。なにかのキッカケになればいいと思うので、質とかに神経質にならなくてもいーかなと思ってます(言い訳)。あまり凝りすぎて、実プレイ機会を減らすと本末転倒っぽいし。

Q7.TRPGは人生の役に立つ?

自分の人生に役に立たないことなんてないと思うので、何かしら役に立っていると思います。もー、日向ぼっこしていても、ぼんやりしてても、生きてるだけでも意味あるはず。きっと。

と同時に僕がゲームすることも、blog書くことも、息していることも他人の人生には役に立たないというか、資源の無駄遣いっぽい気もします。

結局、別に人生の役に立てるためにTRPGを遊んでいるわけじゃないので、どーでもいーかなー。

Q8.ゲームタイトルは隠す?

隠さない。

Q9.貴方が参考にするTRPG関連書籍、ネット文書を挙げて下さい

各種ルールブックや、TRPG系blog、2ch卓上ゲーム板とか。
ってだけだとあまりにオモロ度が足りない気がするので。

清松みゆきT&Tがよくわかる本
・ゲイリー ガイギャックス『ロールプレイング・ゲームの達人
・馬場秀和「メガトラの始め方
コスティキャンのゲーム論
朱鷺田 祐介 『粋なゲーマー養成講座
・『鈴吹太郎の挑戦』RPGデザインのためのストラテジー
・『アリアンロッド・リプレイEX 死者の花嫁』プレイヤー&GMガイド

あたりは読んだ当時にインパクトがあったので、僕のTRPGを遊ぶ上で(いい意味でも悪い意味でも)影響を受けていると思います。

Q10.オモロだと思う人にバトンを渡してください

ぬぬぬ。全然オモロなバトンを書けなかったです。オモロって意外と難しいな。我こそは本当のオモロを見せてやるぜという方もっていってください^^

広告を非表示にする