読んだもの

パプリカ (新潮文庫)

パプリカ (新潮文庫)

この前観てきた映画の原作を読み終わりました。


小説の方が内容が濃く。そしてエロく。
面白かった。


あと原作を読むとさらに映画版の脚本(演出)うまいなぁと思いました。
かなりすっきり分かりやすく。
パプリカもさらに魅力的(林原効果もあるかもしれませんがw)。


ただ出だしの夢診断する機械の設定や、最後の荒唐無稽でグダグダなトリップ感は、小説の方がキました。


「時かけ」とかメジャーどころしか読んだことなかったんですが、もうちょっと筒井作品を読んでみようかなという気になりました。

広告を非表示にする