エッシャー展

先週の週末の話なんですが。
横浜、そごう美術館のエッシャー展に行ってきました。


エッシャーの有名なだまし絵の作品は少なく、ちょっと地味目な展覧会でした。
でも初期の作品から、

  • 平面の正則分割
  • メタモルフォーゼ
  • 二次元から三次元へ

と、エッシャーがどんな過程で、後期の独特の作品へと至るのかを、想像させられる興味深い展覧会でした。ストーリー性があるというか。


適度に空いて見やすかったのが好印象に繋がったのかもしれません。
以前にいった Bunkamuraのスーパーエッシャー展は、作品を見るというよりは、人のアタマを見に行った感じだったのでw


面白かった!

広告を非表示にする