読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーデスの門・後編」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第2回。シナリオ後編。
参加者は前回と同じ

ネタバレを含まない感想

  • 敵味方ともによく出目1が出た。
  • 1レベルだと3発当たれば気絶する。無傷でもライフブラッド*1の効果は一時的HPにするべきだった。
  • 技能チャレンジは、まだ失敗しても大丈夫なタイミングで、早めに振ってしまうが吉w

ネタバレを含む感想

覚書#1(前編)

  • 参加者:グレン、ジャーダ、ホロウ、ムラマサ、エミル、アーチ
  • ウォーターディープからネヴァーウィンターまでの護衛任務でセルドラに雇われた。
  • 報酬は前金150gp、後金150gp(未)。
  • セルドラは呪痕持ちであると、ムラマサは聞いている。
  • ネヴァーウィンターの港についたところで、スケルトンやゾンビに襲われる。
  • 戦闘中にサーイの死の射手(雇われ非悪)が突然現れ、セルドラの弱点を攻撃(伏せ+朦朧)。
  • その隙をついて、ローブで禿頭、刺青の誰かが船上に現れ、セルドラから箱を奪っていった。
  • なおエミルは強奪者の姿に気づいていない。
  • 箱の中には宝飾品が入っているらしい。セルドラ談。
  • 「追おう、騎士の名誉とティアの正義にかけて!」(後付け

覚書#2(後編)

  • 守護卿区はそれなりに整備されている模様。ミンターン出身と思われる衛兵が警邏していた。
  • サーイの盗賊を追うとネヴァーデスの墓地に辿り着いた。ひどいネーミングだ。
  • 墓地にトリヴァストが1人でいたので不意打ちしたが、その直後にアンデッドが湧いてきて、逆に戦線を崩された。一生の不覚!
  • エミル気絶確認。
  • トリヴァストを倒して、箱の中身である王冠を取り戻した。
  • 墓地のアンデッドが大量に目覚めたので、慌てて脱出。
  • 墓地から脱出後、セルドラに王冠を渡して、報酬後金150gpを受け取った。
  • エミルは、セルドラに王冠について聞きたかったのだが、彼女は人混みの中に消えていった。

*1:ヴリロカの種族特徴