読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#3」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第5回。本シナリオ3回目。
参加者は、エミル、グレン、ジャーダ、ホロウ、アーチ、ムラマサ。

ここまでの軌跡


ホロウの復活から、酒場で街の状況を整理する話。

  • 腑に落ちないことがあるのだが、あのマスクの御仁は、私の記憶によると一度も自ら王を名乗っていない。が、民衆から王と称えられてる。何故だ
  • そして誰も王冠が本物か確かめたわけでもあるまい。なにより素顔も明らかにしていない。
  • それに例えば、例えばの話。私がアラゴンダーの血を引くネヴァーウィンダーの貴族だと言ったら信じるか? ちなみに証となるものはなにもない。

戦闘では、エミルは、敵を気絶させると、敵を殺した時に発動するパワーは使えず。PCは気絶させたい、PLは殺したいのジレンマに葛藤するの巻www

ネタバレを含む感想

覚書#5

  • 参加者は、エミル、グレン、ジャーダ、ホロウ、アーチ、ムラマサ
  • ホロウは、セルーネイの寺院にて、エルフのレディ・ジャスミンが復活させた。
  • アーチは、マスクドネヴァーウィンターのファン。バッチをつけてる。
  • ジャーダはブローチ扱いでバッチをつけてる。
  • 街は、ネヴァレンバー卿派と、マスクドネヴァーウィンター+アラゴンダーの息子たち派の2派に分かれていた。
  • 座礁リヴァイアサン亭でグダる一行
  • 座礁リヴァイアサン亭の亭主。ハラグ。片脚をサフアグンに噛み切られた。どちらかというとネヴァレンバー派。
  • 水のジェナシ。レンジェス。通商管理官。座礁リヴァイアサン亭の2階に住んでいるらしい。強そう。
  • マスクドネヴァーウィンターを信奉している酔っぱらいの若者たち。
  • ニュー・ネヴァーウィンターのサビーヌ将軍が我々のもとを訪れ、ネヴァレンバー卿との面会を申し込まれる。
  • その話を聞いていた、酒場の暴漢(酔っ払いの若者たち)が椅子とジョッキを手に襲いかかってきた。
  • なんとか暴漢を気絶させた後、ネヴァレンバーのもとに向かうことを決めた。