読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skypeビデオグループ会話を試してみました

そろそろボイスオンラインセッションが、ビデオ会話オンラインセッションになってもいいんじゃないかと前々から思っていたので、Skypeのビデオグループ会話が無料になったことを機にいろいろやってみるの巻。


まずはSkypeビデオグループ会話を使うとどのようになるのか、突発的に、Skypeオンラインだった面子を捕まえて、試してみました。協力してくれた、アンドーさん、ruwindさん、Nene-Keyさん、ありがとうございました。


まず使った時の画面はこんな感じ。
f:id:akiyuki3:20140508234024p:plain

上3人の画像が会話相手。1人はカメラを他に向けている画像で、1人は画像を加工してあとから消して、1人は未接続でプロフィールの画像になっています。とにかく相手の顔が見えます。
下1人の画面に自分が写ります。これもまた画像をあとから加工して目線を入れてます。


ウィンドウサイズは可変なので、利用環境の画面サイズに合わせて変更可能です。ただしもちろんウィンドウサイズを小さくすると、画像が小さくなるので、表情は見えづらくなります。


通話は4人で話しましたが、普段のボイス会話と変わらない感じでした。画像+音声だと回線的に苦しいかなと考えていたのですが、特に問題ありませんでした。


また会話グループの一部にカメラがない人、もしくはカメラを使いたくない人がいても、ビデオグループ会話は可能でした。その場合は、カメラを使わない人は、会話相手にSkypeプロフィール画像が表示され*1、会話相手のカメラ画像は見ることが出来ます。なおカメラを使用する使ないは、Skypeウィンドウ下部にあるカメラON/OFFボタンで制御が出来ます。


それからSkypeのウィンドウにフォーカスをあてていない時、画面の右上の方に現在会話している人の画像が表示されます。回線負荷によるタイムラグがあるので、ジャスト会話中の画像が表示されるわけではありませんが、なんとなく話している人が分かります。*2
f:id:akiyuki3:20140508235151p:plain


PC環境としては、

  • iPhoneはNG
  • iPadはNG
  • 古いWin7ノートではNG
  • 古いWin7デスクトップはOK
  • MacBookProはOK

でした。それなりにマシンパワーは必要なようですが、最新機種が必要というわけではないようです。ちなみに僕は古いWin7デスクトップ*3で、CPU負荷は5~60%でした。


そんなわけで。今回テストした限りではSkypeビデオグループ会話によるオンラインセッションは十分可能という感触を得ました。正直なところ、僕がオフラインセッション中に他人の顔をよく見ているのかどうかはさておき、これで表情という入力情報が増えたことは確かです。きっとより快適なオンラインセッションになるのではないかと夢見ています。


次はセッションをしてみようと思います。

*1:つまりお面を被らなくても、顔画像を変えられます

*2:僕はWin7のメニューを右側に縦で表示しているのと、現在会話している人のカメラが顔を表示していないので分かりづらいかもしれませんが、イメージとしてはこんな感じ

*3:というかXPを7に入れ替えて使っている