読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#6」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第8回。本シナリオ6回目。
参加者は、エミル、グレン、アーチ、ホロウ、ムラマサ。

ネタバレを含む感想

覚書#8

  • 千の顔の家は、ハーパーエージェントのアジトらしい。
  • アーチは、ハーパーエージェントのリーダー、キムリルを殺害した疑惑をかけられている。
  • 街には「ネヴァレンバー死すべし」文字が書かれていたり、アシュマダイのマークが書かれていたりした。荒廃した雰囲気。
  • マネキンや鏡が飾られている。元はブティックだったのだろう、酒場「千の顔の家」。
  • エラドリンのセリスが出迎えてくれる。
  • ハーフエルフのトラムは、アーチを殺人者として告発。食ってかかるも、セリスに止められる。
  • 門を開けた死鼠団がここにいるのではないかという想定で、酒場で情報収集。
  • ハーフリングのチャール。どうやら死鼠団らしい?
  • ネヴァーレンバーと会見した話をすると、チャールは怒り心頭で、殴りかかって来た。
  • 誤解を物理的に解消した(武器を構えながら
  • チャールは、死鼠団のアジトを教えてくれた。夜に行く方がいいらしい。
  • チャールは、千の顔の家で泊る代金を肩代わりしてくれた。意外といい奴だ。
  • 大休憩をとった我々は、レベルアップした。
  • レベル2と5の魔法のアイテムをゲットした。レベル5をグレン、レベル2をエミルへ。