読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#8」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第10回。本シナリオ8回目。
参加者は、エミル、グレン、アーチ、ジャーダ、ムラマサ。

ネタバレを含む感想

覚書#10

  • ボートハウスの中は誰も使われていないようだった。
  • そしてD&Dの英雄たる我々はとりあえず絨毯をはがした。そういうものらしい。
  • そこには地下に続く梯子があった。それは下水道に入っていく道だった。
  • 下る途中に、エミルとジャーダをダメージ5、グレンは防御値-2を受けてしまう。
  • 下水道の中にはハーフリングの銅像があった。まったく汚れていない。ラスカンの死鼠団の頭領トイテール?のものらしい。何故こんなところに銅像を作るのか、考えてはいけない。
  • グレンはネズミの気持ち(行動)がよくわかる。
  • ネズミは病気を持っていたが、感染せずに済んだ。
  • 狭いところでアーチの壁が有効的に機能した!
  • それはそれとして銅像(遮蔽地形)が邪魔だった。
  • エミルは大きな下水管の上に華麗に飛び乗って、ご満悦の様子。
  • 我々はなんとかネズミやワニたちを倒して、下水道の先へと進むのだった。