読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#9」を遊んで

TRPG D&D

平日夜ボイスオンセ第11回。本シナリオ9回目。
参加者は、エミル、アーチ、ムラマサ、ホロウ。

ネタバレを含む感想

覚書#11

  • 臭い下水道の先には、死鼠団のアジトと思われる場所から、灯りが漏れていた。
  • 下水道とアジトは落とし格子によって遮られていた。
  • アジトからは何者かの話声が聞こえてきた。「簒奪者どもめ!」等。どうやら我々の侵入を察知して、戦いに備えているらしい。
  • 特にネヴァーウィンター貴族のエミルを敵視しているようだ。どうやら千の顔でカミングアウトした一件を知っているらしい。
  • 落とし格子は、ホロウがこっそり近づいて開けた。
  • 隠密はエミル以外は全員成功した。さぁ、不意打ちの時間だ!
  • これぞD&D英雄式交渉術、話は殴って気絶させてから!
  • 中にいたのはワーラットたちと、ワーラットの魔術師
  • ワーラットに噛みつかれることなく、順調に敵を駆逐する一行。
  • 魔術師のvs反応攻撃が外れ続けたのが大きかった。
  • 今回も誰も病気にならなかった。
  • そして残りは魔術師のみ。交渉術の完成まであとわずかというところで、魔術師は決死の下水道トラップを発動させた。
  • 下水道を流される一行。気づくと我々は下水道ではなく、自然の洞窟にまで流されていた。
  • 魔術師はとりあえず気絶させた。気絶させた後に「簒奪者とは何のことだ!」とか話を聞くことを忘れていたことに気づいた。
  • だが下水に流されたのだから仕方が無い、そう思うことにした。
  • 6レベル、5レベル、4レベルの魔法のアイテム(うち2個は銀製)、青銅の王冠(250gp)、ポーションオブヒーリング。