読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダブルクロス』「ムーンレスナイト Kingdom Come(後編)」を遊んで

DX TRPG

ダブルクロス』ムーレスナイトキャンペーンのボイスオンセ第4回。

ここまでの軌跡

順調にキングダムカム後編。
さくさくといーペースで遊べていて気持ちよく。
そして今回はミドル最終シーンからのクライマックスで、カッコつけてさっくり終わるだろうと思っていたのですが…。


PC1(鷲見)は、第2話の成長で《完全獣化》を取って、レネゲイドをコントロール出来ずに、完全獣化してしまうようになって、イライラ焦っているという設定を仕込んでいました。で、それを乗り越える手酌プレイを想定していました。そして決戦直前、これまでキズギスライバルプレイをしていたPC2(氷上)と、お互いが暴走したら、ぶっとばしても止めてくれという約束をして、ここまでは計算通り。


しかしクライマックスで、衝動判定1足りずで流れるように暴走(破壊衝動)。さらにボスに操られて、PC2を全力殴り。おぃぃい、全然暴走を克服していないじゃん状態。
しかもボスと雑魚のエンゲージをまとめておくため、PC3(砂守)の《ファンアウト》で、侵食率の低かったPC1がエンゲージして1ラウンドをしのぐという作戦をとっていたあとでした。でも暴走していて、よけることすら出来ず。自分の手番が回ってくる前にタイタス2個昇華というありさま。ほんとは7つ目のロイスに「己の中の獣」とかでとって、カッコよくタイタス化して克服を表現する予定だったのですが。必死の立ち上がりのために使ってしまいましたよwww


その後も決死の攻防が続き、PC4人中3人が2倍振りという。2ラウンドだけど緊張感があり、へとへとになった戦闘でした。
シナリオが結構ヤル気なのか。もしくはビルドの相性の問題か。いや皆サンプルよりは全然強いと思うのだけど…。
そんなこんなで僕は全体回復が入ったあたりで、PLの余裕が0になって、結構テンパっていたりしましたよ。


でもなんとか乗り越えたので。
次回は第3話。終わりよければすべてよしとしたいものです。ビバ