読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランクレスト「君主の在り方#1」を遊んで

グランクレスト

 最近遊びまくりのakiyukiです。
 わかってます。理解しているんです。でもそれを指摘してはいけません。指摘すると不幸が訪れます。あなたに。


 そんなわけで。まったりグランクレストを平日遊ぶグループに入れていただきました。
 実は初グランクレストだったりします。
 シナリオはルール2付属「君主の在り方」を数回に分けて遊びます。
 ルール1付属「運命の邂逅」を遊んだ面子に、本シナリオから混ぜてもらったという次第です。
 ボイスオンセです。1回目のセッションは2時間弱。

参加者

GM:pearl_of_powerさん @pearl_of_power

 僕が妄言を口から垂れ流すと笑って流してくれるいいGM。ダイス運が悪ければなお良い。

PC1:イグレイ・ヴァルマー(flamさん @flamberge1)

 ロード/ルーラー。国家の近代化を図るが失敗して、国を追われたロード。シナリオ1の結果、現在の領土を得て国を立ち上げるが、母国への想いも捨て切れていない様子。

PC2:スバル(akiyuki)

 メイジ/サモナー。アカデミーの“方”から派遣されてきたメイジ。元アカデミー学生だが魔法事故で落第。現在は書類を偽造して、国に派遣されてきた。実力で立身出世を志す。

PC3:ヴァイド(ヴィアスさん @vias722)

 アーティスト/エーテル。打倒パランディアのために修行する、地の元素使い。スバルとともに新しい国に雇われた新参者。中の人が我々の中で一番ルールに詳しそううなので、勝手に頼りにさせてもらってますw

PC4:ザブロック(めろんさん @sec_melorate)

 アーティスト/アンデッド。前シナリオでは戦闘に出たことがなかった武人。引き続き、ロードに仕えることになり、信頼も厚かろう先任。

国:ヴァルマー領(仮)

 国データもWebで管理できる!便利です。アカデミーサポートは鉄板のポーション

セッション

 今回はキャラ紹介、PC間因縁を取得して、メインプレイに突入。
 各PCの出会いと、シナリオのオープニングをやって、1回目のプレッジシーン*1
 引き続き、情報収集をして、2回目のプレッジシーンをやって、次は魔境*2というところで終了。

感想

 今回はあまりルール的なところまで入っていないのですが。
 全体的にPCは国の要人で、部下とかたくさん従えているイメージでロールプレイをすすめる感じ。個人的な類似イメージは、まよキン
 因縁や誓いを操作するプレッジシーンの個人的な類似イメージは、天羅零の幕間。
 といったイメージで遊んでました。


 ルールを読んだ際は、TRPGマッチョなドリーマー同士で遊ぶと楽しいゲームなんじゃないかなーという印象で、今もそこらへんは変わらない感じかな。


 次回は「魔境ルール」と「マスコンルール」で遊べると思うので楽しみです。

*1:因縁や誓いを操作するためのシーン

*2:ダンジョンみたいなもの