読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「21日毎パワー#24:善悪(たいけつ)」を遊んで

D&D 21日毎パワー シナリオ

4eキャンペーン。レベル24の巻。
今回は僕のDM回です。

シナリオ準備

 まずはシナリオ準備です。神話級のシナリオを作る機会はそうそうありません。というかラストチャンスのつもりで臨みました。

やりたかったこと

  • キャンペーンにプレイヤー参加していて疑問に思ってたこと*1を、脳内設定化して、ふわっとメインDMに丸投げする。
  • 神話級っぽい技能チャレンジを作る。※詳細は別エントリ
  • あまり出番が無かったデヴィルかデーモンかどちらかを沢山出す。
  • モンスター知識判定の際に、フレーバーテキストを読み上げる。
例:ウォー・デヴィル(レベル22、暴れ役)[大型] MM143 ×2

モンスター知識 宗教27/36
 ウォー・デヴィルは九層地獄を守護する勇者だ。ピット・フィーンドとアーチデヴィルにしか従わない。狂暴そうな外見に反して、並はずれた戦術家にして優れた指揮官だ。またの名をマレブランケ「悪しき角」と呼ばれている。

 こんな感じで。*2


 で、ざっくりとやりたいことを決めたら、4eはとにかくDM準備がラクです。
 戦闘遭遇はモンスターマニュアルから適当にモンスターを選び、記載された遭遇例を利用、遭遇レベルに合わせて調整。マップはオンセや自宅でのタッチディスプレイを使ったセッションと違って、デジタル素材を利用しづらいので、(嫌がられる)ギミックを多様する方向。そして技能チャレンジを作り。あとは艦これでもしながら、シナリオのフレーバーテキストを加えたり、モンスターの紙コマを作ったり。
 この準備のラクさは、いまだに僕が遊んでいる数多くのシステムの中でも指折りです。

 そして完成したシナリオメモはこんな感じ

セッション

 今回の参加キャラクターは、以下の3名。
 神話級ならなんとかなるさ。全員撃破役とかでもいいんじゃない?むしろ3人の方が早く回るかもぐらいの気持ちでひとつ。

  • ビオ/ヒューマン・バード(指揮)
  • ドグマ/ドラゴンボーン・ソーサラー(撃破/制御)
  • マユタマ/ジェナシ・レンジャー(撃破)

導入+技能チャレンジ

 セッションの進行させるための技能チャレンジを説明します。
 あとの進行は、技能チャレンジの前に今回のパーティのチュートリアル戦闘遭遇を1回。技能チャレンジの後にクライマックス戦闘を1回。時間調整用に軽目の戦闘遭遇を1回を、技能チャレンジの成功数が半分ぐらい進行したところに準備してあります。
 あとは技能チャレンジと戦闘を進めていけばセッション終了。これが僕が考える 4e王道シナリオ構造です。

第1戦闘遭遇

  • アサシン・デヴィル×2
  • ウォー・デヴィル×2
  • レギオン・デヴィルの軍団兵×6
  • 人間の悪魔崇拝者×1

 九層地獄の第一地獄アヴェルヌスへと転送されての戦闘。『次元の書』のデータを使ってみたかったのです。そして[火]かつ[死霊]のダメージ*3で苦しめるぞーという思惑だったのですが。ソーサラーのドグマが抵抗の種類を適切なものに変更して、それを味方にも与え、敵には朦朧を与えるという展開に。ダメだ、この戦闘の趨勢は視えた。こんな遭遇だめだ。早く次の遭遇に行こうw

第2戦闘遭遇

  • コラプション・デヴィル
  • 色欲のコラプテッド
  • 暴食のコラプテッド
  • 強欲のコラプテッド
  • 怠惰のコラプテッド
  • 憤怒のコラプテッド
  • 怯惰のコラプテッド

 時間調整用の軽目の戦闘遭遇。ボス(コラプション・デヴィル)はPCの上空で隠密。部下の雑魚には囲まれているというシチュエーション。勝利条件はボスの退治を宣言。マイナーで知覚をすると、実はボスが上空にいる!という状況なのですが、PCはネコまっしぐら雑魚退治に熱中、雑魚が全滅したのでボスが登場するという展開。驚いたなぁ、もうw

 それはそれとして。コラプション・デヴィルの部下は7人(7つの大罪)ではなく、6人なんですね。不思議不思議。

神話級技能チャレンジ

 適度にランダムに、適度に順調に、適度にアドリブでシーンを作ったり、作ってもらったり。
 想定より成功率は高い…のはランダム難易度で「簡単」が沢山出たからか。簡単-標準-困難を33%-33%-33%で設定したけど、25%-50%-25%の方がよかったかもしれません。

第3戦闘遭遇

  • ピット・フィーンド
  • ウォー・デヴィル×2
  • アストラル・ストーカー×2
  • マールート・コンコーダント×1
  • レギオン・デヴィル×8(ピットフィーンドの能力で召喚)

 ボス戦です。ピット・フィーンドとガチ戦うというのは感慨深いです。
 戦闘はビオがマユタマを動かし、自らの連続行動で、マユタマ・オンステージが始まる。いったい何回殴るの? 格闘ゲームみたいにコンボ数がカウントアップされていくイメージでした。そして、なんとかPCのHPを残り数ポイントまで削るも、ビオの全力回復であっというまに全快。PLの心を折るつもりが、DMの心が折られちまったぜw


 そんなこんなでセッション時間6時間ぐらいで、神話級戦闘3戦を堪能。
 疲れた。でも楽しかった!

*1:PCは何故転送されるのか?それをやってる存在は何か?という疑問に対しては、メタ的には便利な設定だからなのですが、世界観的には何か理由が欲しく、ラストまでに明らかにしておきたいw

*2:なおビジュアルに関しては、モンスター画像を自作カード化して、みせるようにしています

*3:オリジナル設定