読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th伝説級オンセ「不浄なる暗黒の書」開催概要案

「切れ者(カッター)よ、かの書物を滅ぼすことは容易い。入り用なものがたった3つあるだけだ。すなわち、”始めと終わりの儀式”、”あまたの世界の井戸”、そして命がけの願い」
---シギルの情報屋、カンビオンの”三法”

 『ダンジョン&ドラゴンズ第4版』のサプリメント『不浄なる暗黒の書』に掲載されているアドベンチャーを遊んでみようかと検討中。セッション概要はこんな感じ。

概要

  • PL3 or 4名。
  • 戦闘遭遇4回。
  • どどんとふ+Google+ハングアウト(ビデオ通話推奨)。
  • 1セッション1戦闘遭遇、3時間程度を想定。
  • 日程は金曜日または土曜日の21:00-24:00。
  • 全4回を予定。セッションの進行に合わせて変更の可能性あり。

冒険の導入

 以下の導入シーンに繋がり、セッション参加へのモチベーションが高まる個別導入シーンを各PLが想像力を膨らませて考えてください。

導入シーン

 月はおろか、星の灯りも射さぬ、暗き夜。キミたちは廃墟に足を踏み入れた。
 そこは、かつて邪悪なマインド・フレイヤー”シャスクラス”が支配していた空中城。その城は主が絶命した後、廃墟と化して久しかった。今はデーモンたちの棲家になっているという。

個別導入例

  1. キミは何らかの理由(PLが考える)で悪が動きだす気配を察知してやってきた。
  2. キミは何らかの理由(PLが考える)で”不浄なる暗黒の書”を求めてやってきた。
  3. キミはデーモンに捕まっていた。しかし隙を見て脱出することに成功した。やったぜ!(もしくはキミはデーモンを信奉している。しかし面白い場面に出くわした。勝ち馬に乗らせてもらうぜ!)
  4. キミは、突然空に現れた城を調べるためにやってきた。それがこんな出来事に関わることになるとは!これは偶然か、それとも必然か!!
  5. キミは”高貴なる行ないの書”の転生体だ。

 なおトウム(魔道書)を使えるクラス(ウィザード等)が1人はいることが望ましい。

第1話あらすじ*1

 空中城の廃墟で、英雄が”不浄なる暗黒の書”を拾う。それが運命のはじまりだった。

PC作成

PL3人の場合

  • 16レベルで作成する。
  • 初期装備は以下の通り。
    • 19レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 18レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 17レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 65000gp。
  • レアリティに関わらずアイテムを購入していい。ただし同名アイテムは3つまでとする。
  • 戦闘が終了すると大休憩をとる。
  • 基本的にセッション中に財宝は手に入らない(シナリオのキーアイテムは除く)。*2
  • セッション間のリビルドは可とする。
  • 2戦闘遭遇終了後に18レベルに成長する。

PL4人の場合

  • 15レベルで作成する。
  • 初期装備は以下の通り。
    • 18レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 17レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 16レベル以下の魔法のアイテムを1つ
    • 45000gp。
  • レアリティに関わらずアイテムを購入していい。ただし同名アイテムは3つまでとする。
  • 戦闘が終了すると大休憩をとる。
  • 基本的にセッション中に財宝は手に入らない(シナリオのキーアイテムは除く)。
  • セッション間のリビルドは可とする。
  • 2戦闘遭遇終了後に17レベルに成長する。


参加者は追って募集するか、個別に声掛けする予定は未定。

*1:たぶん分かっていた方がスムーズだから

*2:その代わり、最初に強いアイテムを渡している