読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの冒険#2」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第26回。オリジナル展開第2回目。セッションは1遭遇で2時間半。

前回まで

参加者

  • GM:げれぶさん(@geleb_ohuchi)
  • ムラマサ シャーイル ヒューマン♂ (低火力さん)
  • グレン ローグ/ウォーロード ヒューマン♂(れどさん)
  • エミル パラディン(キャヴァリアー) ヴリロカ♀(akiyiki)
  • ヴラド ヴァンパイア ヒューマン(漆妖さん)
  • ジャーダ ハンター シャダーカイ♀(pearl_of_power)

セッション

 ヘルム砦にたどり着いた一行。先日、嵐の中訪れた時とは異なり、晴れ渡った空と暖かな光が砦を照らす。そこはのどかな郊外の砦にしか見えなかった。そう外から見れば。


 砦では手紙を出した預言者ロヒーニたちが我々を出迎えてくれた。彼女も砦と同じように前と会った時とは別人のように明るく、そして楽観的な人物になっていた。こちらが元々の性格なのかもしれない。彼女は、地下のカルティリファックスの様子がおかしいが、最近顔を合わしていないという。


 その話を聞いていた間、セルドラがムラマサとなにやら話をしていた。彼女は旅に出るらしい。彼女はムラマサと旅を共にしたかったようだが、ムラマサは我々と冒険を共にすることにしたらしい。今はその時ではないということか。


 我々は地下に向かった。もしや砦の地下にこのような空間が広がっていたとは。
 そこには荒廃の群れクリーチャー、そして大きな谷を挟んで、荒廃砲撃クリーチャーが待ち構えていた。


 苦手な敵たちだ。だが恐れる我々ではない。友たちよ、武器を持て!


 戦いは終わった*1。そこに勝利の感慨はなかった。ここはいったいなんて場所なんだ。そしてこの先にカルティリファックスがいるというのか。おそらく彼は荒廃化の影響を受けてしまっているに違いない。
 さて、どうする? 決まっている。顔を上げ、前へと進むのだ。

拾遺物

  • 250gp相当の芸術品
  • 250gp

ぱーるさんのセッションイラストとか

*1:戦闘には苦戦した。範囲攻撃がない(もしくは持っていても[完全体制])、ファンブルが多発、敵を谷に落とそうとするも、確率以上にふんばり続けるエネミー。苦手で波に乗れず。悪いことは続くものだ。なんとかムラマサの1日毎パワー切りまくりで、戦いを乗り切る