読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの冒険#6」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第30回。オリジナル展開第6回目。セッションは1遭遇で2時間。

前回まで

セッション

 ワーウルフたちが占拠した村、ウルヴズ・ヘヴン。
 我々は、朋友ホロウを救うため、川を渡り、村に潜入した。
 ヴラドの指示に従い、ワーウルフたちから隠れながら、恐る恐る村の中を進んだ。


 どうやらワーウルフのほかにも、勢力があるらしい。なにやら探し物をしているシャダーガイ。そしてスラムに居を構えるドラゴンキン。


 不幸にも我々は、ドラゴンキンに気づかれてしまう。まだ我々はその存在を知られるわけにはいかない。早々に手を打たねば!


 その想いが強かったのか*1、普段は後衛のジャーダが、エミルの横を駆け抜け*2、前線に踊り出た。


 ジャーダの攻撃は敵を正確に射抜くが、新たに敵の増援も現れ、一気に重傷になってしまう。そしてドラゴンキンたちは、隠し通路、回り込める回廊、急な登り階段を利用して攻め込む。しかし敵の攻勢もそこまでだった。グレン、ヴラド、ムラマサがひとり、またひとり敵を葬り、戦いの趨勢は決した。


 ドラゴンキンたちには悪いが、彼らが住んでいたこの場所は、我々のキャンプ地にさせてもらうことにした。しかしまだ日は高い*3、次は村の図書館跡に向かうことにした。このような小さな村に図書館があるのだから、何かいわくつきの建物なのだろう。間違いない。

ぱーるさんのセッションイラストとか

 会話出来るエネミーは殺りづらいキン(D&D脳筋

*1:ただ単にイニシアティブが速かった&速いと強いせいだけど

*2:《イニシアティブ強化》を取っているが出目で大抵遅い

*3:大休憩をとってもレベルアップしない