読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランクレスト「シュヘンベルク狂想曲#1 戦争の足音」を遊んで

 グランクレストのオンセキャンペーン。セッション時間は2時間弱。
 今回からGMを僕が担当して新編突入です。


 という不安と期待に胸を膨らませつつ。


 PCたちも6レベルとなり、国も子爵領に。そろそろ隣国との戦争に決着をつけたいよねというGMの思いと、そろそろ別のキャラクターをやってみたいという願望が悪魔合体。1つの国を舞台に、高レベルで隣と戦争する組と、1レベルで国内の混沌災害に対峙する組に分かれて、同時進行するという展開へ。風呂敷広げちゃいました。


 1レベルからの方は、公式サイトのシナリオ「宵闇の魔神」をベースに遊ぶので、準備はさほどいらない予定。つまり高レベルの方だけ準備すればいいんだから、いけるいける、と考えてしまったのです。面白そうだし。


 で、高レベルの方は、オリジナル展開なのでシナリオを自作しなければなりません。現在、漠然としたイメージはあるかなといった状態。前回本キャンペーンのGMをやった時は、毎回各PC1にスポットをあてたショートシナリオを事前にがっつり書いてから、セッションに臨んだのですが、今回は遊びながらシナリオを準備するゆるいフレキシブルな方法でやってみようかなと考えました。


 そんなわけで第1回。高レベルの方。
 コンセプトは

  • 上級国作成ルールを使ってみたかった
  • これから国がゴタゴタするので、その前に自国に愛着を持ってもらおう

 でした。


 前回GMの時に各PCに一応スポットを当てたし、キャンペーンもそれなりに長く続いているので、お互いにキャラクターのイメージが出来る感じなので、次は国かなと考えた次第。あと

  • 戦闘なし。技能チャレンジ的な判定なし。情報収集もなし。

 という隠しコンセプトがありました。
 前回GMをした時は2時間でオープニングから戦闘までやって小話ひとつという慌ただしいセッションだったので、今回はゆるくいこうというのを全面に押し出して、1回ぐらいは、こーゆーのもいいかなというチャレンジでした。


 なので今回は各PCごとに表を振って1イベント、最後にGMが戦争始まるイベントを入れておしまいという流れ。その結果。ランダム表で広がる設定(畳まれるとは限らない)、なんとなく脊髄反射で返すアドリブ、あっという間の2時間。楽しかった!


 …次回はもうちょっとちゃんとします。はい。