読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの冒険#8」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第32回。オリジナル展開第8回目。セッションは1遭遇で2時間弱。

前回まで

セッション

 我々はワーウルフたちが占拠した村、ウルヴズ・ヘヴンに潜入した。
 そしてスラム街に拠点を構えたのち、朋友ホロウを探すため、図書館に向かった(前回からの使い回しテキスト)。

図書館

 今度こそ我々は図書館に辿りついた。そこは荒れ果て、人類の智慧の蓄積はそこにはない。ただゴミ、もしくは破って遊ぶ遊具、または暖をとるための火種がそこにあった。そしてそこにたむろすワーウルフたち。もちろん、敵だ!


 ワーウルフの1人は、魔術書を手に我々に襲い掛かる。奴はそれを振りかぶり武器に使うことなく、素早く頁をめくりはじめた。何!?読めるのか!*1。そう思ったのもつかの間、奴はページをランダムに破いて、魔法と唱え始めた。
 なんだ読めないのかと安心するも、そこに現れたのはいかにも怪しげな宝箱。*2。近づくとはそれはミミックだった! 箱の隙間から現れた触手が我々につかみかかる。くっ、動けない、だと*3


 なんとか敵を倒した。図書館は荒れ放題でそこには何も残されていなかった。残念ながらホロウの居場所をつかむための手がかりもなかった。我々は先を急いだ。

荒れ果てた広場(グラウンド)

 ムラマサ曰く「グラウンドといったら野球回ではないか?」。何を言っているか分からないと思うが、彼のいうことはいつもそうだ。*4。気にしないことにした。プレイボール!!!

荒れ果てた居酒屋

 DMは曰く「ここにイベントはない」。つまり総集編か!
 そうこの物語は(以下略

宝物

  • 8レベル→エミル
  • 300gp

*1:偏見

*2:その時、PLたちのわくわく期待度は120%を突破した

*3:エミルは触手につかまれて円盤の売り上げに貢献した。いい仕事した、そう語る彼女の顔は何処か誇らしげだった

*4:PLたちの野球回妄想は広がった。エースは誰だ!