読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの冒険#9」を遊んで

D&D ネヴァーウィンター

平日夜ボイスオンセ第32回。オリジナル展開第9回目。セッションは1遭遇で2時間弱。

前回まで

セッション

 我々は祭りの家(寺院)へ向かった。
 そこには人間が倒れていた。このウルヴズ・ヘヴン唯一の生き残りかもしれない。しかし警戒も必要だ。罠かもしれない。恐る恐る近寄ると、彼は怪我をして倒れていた。なんでもこの村の統治者の一族のものらしい。この混沌とした村に隠れ住んでいたそうだ。


 そこにシャダーカイの戦士が現れる。その戦士はなんとジャーダの元上司らしい。そして明かされるジャーダの過去。彼女はネヴァーウィンターの統治者、つまり私(エミル)の親族の暗殺を試みたことがあるというのだ。これは由々しき事実だ。


 しかしそのことをジャーダに問う間もなく。戦士が一言発すると、村人はワーラットに姿を変え我々を戦線の中から襲い掛かってきた。北の扉からは戦士が率いる亡霊たち、南からはシャダーガイの戦士たち。これは挟み撃ちどころではない。


 ジャーダの動揺は火を見るより明らかだった。普段は必中の弓がことごとく外れていく*1。こんなときこそ我々の絆が試されるとき、エミルの光の剣が亡霊を凪いだ*2


 ジャーダの上司には撤退されてしまったが、戦いは凌いだ。
 そこには戦いの跡だけが残り、何も残されていなかった。役に立つもの、宝物を探した。特にヴラドは熱心に探していた。見かけによらず細やかな男だ。


 さらに我々は、何かホロウの居場所の手がかりとなるものを探したが、特になにもなかった。ここはジャーダの上司との取引に応じて、この村の主のような存在「翼あるもの」と相対せねばならないのかもしれない。「翼あるもの」とは一体…。

*1:出目が悪かっただけw

*2:無限回[光輝]攻撃を持ち、[死霊]抵抗を持つエミルとは相性が良かったw