読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーストバインドトリニティ「彼方よりの来訪者2015」#1を遊んで

ビーストバインドトリニティのオンセ。前半戦。セッション時間は2時間半ぐらい。
シナリオはサプリメントアドヴェント』の付属シナリオ。
旧版テスタメントのシナリオのリライト版らしいです。


とはいえ。実は僕はトリニティを遊ぶのが初めてだったりします。
初版からの惰性でサプリメントは買っていたのですが、見事なまでの積読
今回 twitterでの募集をみて、この機会を逃したら遊ぶ機会がないかもという切迫感を持って参加しました。


早速、枠分け&役割分担して、僕はPC1でディフェンダーをやることに。
初プレイなのでクイックスタートで遊ぼうと考えていたのですが、「隣家の女の子とと仲がよさそう」「高校生」っぽいと個人的にしっくりくるクイックスタートが見つからず。これ、もしかしてテスタメントのクイックスタート「真魔の血脈」イメージだったんだろうなとか思いつつ。今回のセッションでは、自作上等で枠と役割を別箇に決めたので、しっくりしたディフェンダーのクイックスタートが見つからないのは致し方なく。頑張って高校生警官とか、高校生魔王の息子とか、転校しない転校生とか考えるも、素直にコンストラクションに挑戦することにしました。


で、コンストラクションを始めると、それはそれで楽しく。ほうほう、こんな設定はこのデータで表現出来るなとか。GMの許可のもと「大罪」を変更したりとか。


そしてプレイヤー特殊能力「(老害)風をビュービューと吹かせる」を発揮しつつセッションに挑みます。さぁ、転生系電波キャラやるぞー……他のPCがもっと電波でしたw

  • 神様(邪神の分霊)。教団とか作って、「大罪:我を崇めよ」とか言ってる女性。
  • ダメ半魔の地獄の道化師。普段はダメOLだけど、リリスの娘(地獄の道化師)が同化している女性。


そうだ。『ビーストバインド』ってこういうシステムだったw
何故か『妖魔夜行』の記憶が脳裏に浮かびました。


そんなわけでセッション。空からなんか落ちてきたー、そうか魔物か系シナリオ。シンプルなのですが、変なPCが好き勝手すると、セッションはおのずと混沌として楽しくなる構造。


オープニング、リサーチ、ミドル戦闘と順調に進行して、クライマックス前で、セッション前半戦終了。


それでも、高校生と妖艶な女性2人という組み合わせで、なんとなくもう1ネタ欲しいなとか考えてしまい。いろいろあってテンパった高校生がクライマックス戦闘に臨むにあたり、女性陣2人に「力を貸してくれ。貸してくれたら僕はキミたちになんでもする」とかフラグを立ててみたり。*1


データ的には、ミドルの人間性低下に僕のダイス目はやさしくなく。クライマックス前に大罪アーツ・リザレクトが使えなくなりそうな予感。
とはいえシナリオと「大罪」の直接的な関係はなさそうなので、問題なさそう?。これはシナリオに大罪をあとからヤッツケでつけたからか、もしくはそもそも大罪も、シンプルな具材を濃く盛り付けるためのスパイス的な使用方法を想定しているのか。どうなんだろとか考えたり。


そんなこんなで次回クライマックス!

*1:あとは他PLがなんとか処理してくれるんじゃないかという甘い期待