読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネズミ会その2(第3話~4話)

ボドゲ

『マイス&ミスティクス』というボードゲームを遊ぶ、2回目。
今回はruwindさんがフィギュアの色を塗ってくれて、臨場感が抜群にあがりました。感謝。

第3話

 近くのエルフの村を助けに行く話だったキガスル。

 出撃メンバーは以下の通り。

  • コリン(ヒロベさん)
  • マギノス(しいさん)
  • リリー(ruwindさん)
  • チルダ(akiyuki)

 ちょっと割当を変えてみて、akiyukiの王子はお休み。
 回復役のチルダは少し育てておかないとなーという思惑もあり。
 どーれ?キミのコリンがどれほどが見せてもらおうか(

 ここまでは計画通り。しかし。

 ハハッ。


 コリンが倒れ、マギノスが倒れ。それでもリリーの攻撃とチルダの回復サイクルで粘り、もしかしたらいけるかな?と夢見るも、チーズの切れ目が命の切れ目。ばたり。


 その後途中からやり直してもダメっぽく。話の序盤でリソースを溜めて温存して、クライマックスに爆発させないとキビシイ。

第4話

 城に情報を集めるために強行偵察しにいく話だったキガスル。
 今回はフルメンバー出撃の回。ついに鍛冶屋のネズも初登場。

  • ネズ(ヒロベさん)
  • マギノス(しいさん)
  • リリー&チルダ(ruwindさん)
  • コリン&フィルチ(akiyuki)

 途中二手に分けて、あとで合流する展開。「コリン、チルダ、リリー」「ネズ、フィルチ、マギノス」に分かれて進む。初登場のネズは近接最強を誇るも?、やはり回復がいないネズ組の方が若干苦戦しつつも、なんとか最終決戦。



 そして勝利!
 相変わらずの綱渡りのバランス。
 そしてなんでこの話ネズミなの?というそこはかとない疑問。
 わらわらと現れるG。*1


 これでなんとか全体の1/3ぐらい。

 

*1:「あれのことは虫と呼ぶことにしましょう」「はい」(しばらくして)「で、Gがさー」「ああーん?」と凄む展開が数回