読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネズミ会その5/マイス&ミスティクス(第10~11章)/アイスクール/コードネームピクチャーズ

ボドゲ

マイス&ミスティクス

『マイス&ミスティクス』というボードゲームを遊ぶ、5回目。

昨年の話ですが。無事ネズミ納めしてきました。


第10章

 前回遊んだ第9章が、コリン王子とリリー(たぶんヒロイン)の2人パーティで、今回の第10章は残りの全員、ネズ(強制出撃)、マギノス(ボケ老人)、フィルチ(hirobeタヒね)、チルダ(ヒロイン脱落)が出撃。

第11章

 ボスを倒したらおしまいと思うじゃないですか。違うんです。倒して、城から脱出するまでが冒険というあたりも捻ってる感じ。

全体的に

  • お話は童話*1だけど、バトルがガチ(というかランダム性が高い)
  • 1章の長さは4~6タイル(結構長い
  • キャンペーンなのに章ごとのプレイヤー人数はまちまち(攻めてる)。全キャラ6名プレイヤー人数4名で、章の強制出撃キャラがあったりする謎な構成。

 全体的に夢いっぱいで粗削り。だがそれがいい的な魅力。遊びきった達成感ありでした。

アイスクール

 「アイス」と「クール」と「スクール」をかけた?、ペンギンはじきゲーム。
アイスクール | ホビージャパン アナログゲームインデックス

youtu.be

スーパーカー消しゴム世代のはじきテクニックをみせてやるぜーと思ったのですが。
これが全然思ったように動かない。動画のようにジャンプしたり、カーブしたりするのは夢のまた夢。まっすぐ進むことすらままならない。でも偶然生まれるスーパーショットやミスショットに一喜一憂。いい年した大人がキャッキャウフフできるプリミティブな楽しさです。

しかし強く弾き続けると指が痛くなる。

コードネーム:ピクチャーズ

名作コードネームのイラスト版。イラストあてだとディクシットがあるし、もとのコードネームの完成度が高いので何もイラストにしなくても…と思っていたのですが。遊んでみたらこれが面白い!むしろピクチャーズ版の方が好きかも。


ただスパイのコードネームを当てるという元ネタ的には、コードネームがイラストなスパイ組織って頭どーかしているんじゃいかと思ったりもしましたw

*1:童話だから話の雰囲気はたっぷりだが物言いをつけたくなる展開には目をつぶろう。大人だからw