読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『天下繚乱』「長屋人情噺」を遊んで

久々に『天下繚乱』を遊ぶイベント。


目的は

  • 「オープニングチャート*1」「情報収集チャート*2」のルールを使ってみたかった。
  • (リアルは)初めまして面子のnigaさんや、お久しぶりのドワさん、yukaさんと遊ぼう。

というもの。

今回予告

時は化政、天下泰平を謳歌する江戸の町。
本所の達磨横町には、小さな幸せが訪れていた。


材木問屋の若旦那に見初められ、長屋の華のお菊さんの嫁入りが決まったのだ。
多くのものは喜び、一部のものは未練の涙を隠れて流し、
ささやかながらも、心の込められた宴ととも送り出された。


しかし話はそれで終わらなかった。
その後、菊の父、源の字が、何度嫁ぎ先を訪れたが、娘に会うことは出来なかったのだ。
娘は豪商の暮らしに身を染め、親や下町と縁を切ろうとしているのか。
結局世の中、不人情な話がまかり通ってしまうものなのか?
ええ、どうなんだい?こん畜生め!


天下繚乱RPG『長屋人情噺』
百花繚乱綾錦(あやにしき)、いざ開幕!

PC1~4共通シナリオハンドアウト*3

コネクション:お菊 関係:任意

あなたは、本所達磨横町に住んでいる英傑だ。
そこは右隣の夫婦喧嘩が筒抜けで、左隣の子供が騒ぐ声が響く、安普請の長屋だが悪くはない住み心地だ。
そんな或る日、大家のご隠居に茶でも飲んで行かないかと声を掛けられた。
きっと何か頼まれごとに違いない。その予感は外れたことがない。
今日の話は、なんでも先日嫁にいったお菊が姿を見せないので、様子を見てきて欲しいという話だった。
なにも大の大人が首を突っ込む話じゃないだろうと思わないわけでもないが、
ご隠居のひと睨みには有無を言わさぬ何かがあったのだ。

面子・キャラクター

基平橋 典龍(もとひらばし・てんりょう)/青龍2、剣客1/ドワさん

 一橋家にゆかりの浪人。命を狙われて長屋に潜む? そば食レポ瓦版で生計を立てる。 
 後述の刀PCを所持して、1人で2人分の働きをしつつ、凄くPC1っぽいムーブ。思い返すと、なんかかっこよかった!

泰 健二郎(はた・けんじろう)/朱雀2、蘭学者1/yukaさん

 名前も容姿も知らない仇を追う、回転式機関銃使いの蘭学者
 なんとなくボスを蘭学者にしたら、1セッションに2人の回転式機関銃使いになって、やっぱ蘭学者は天下繚乱の華だなー感。

三池 典太(みいけ・てんた)/玄武1、妖怪2)/nigaさん

 柳生十兵衛の愛刀。記憶を失って、十兵衛っぽい姿をしてる。現在は典龍の愛刀。
 『国士無双』のデータで、他人をサポートする系のカッコイイデータ。*4

萬海(ばんかい)/白虎1、玄武1、妖怪1/アンドーさん

 一見虚無僧のオッサン。実は幼女妖狐。1日1回炎魔法を撃ちたくなる呪いをかけられている。
 自他ともに認める過積載使い。強いネタだけが生き残るから、それでいいのだw

シナリオ

1つ目の目的のため、GMは僕がしました。
で、シナリオは『江戸絢爛』のシナリオクラフトを使って、チャートを使う部分だけ置き換えればいいだろうと最初は考えていたのですが。なんかいろいろと盛っているうちに、シナリオクラフトっぽくなくなったので、シナリオタイトルをテンプレート名「長屋人情譚」から「長屋人情噺」にちょこっと変えてみました。


シナリオメモ

www.evernote.com

セッション


久々に『天下繚乱』を遊んで大層たのしかったです。
ちょっとルールブックの入手が困難なのが玉に瑕ですが、自分はひと通り持っているからいいもん!と強がってみつつ、版上げとかしないかなと思ったりしました。

*1:GF18-5

*2:GF18-3

*3:投げっ放しいぇーい

*4:機会があったらパクろうと思ったり。刀キャラ。ブレイク(覚悟状態)になったときに、刀が粉砕されるんだけど、中から光の剣が現れて、「見たか、これが真打ち」とか負けないプレイがしたいw