シナリオとか

Shadowrun, Fourth Edition』のシナリオ『On The Run』とか目を通しつつ。
そういえば国内にも書籍版が入荷していたのを発見しました。
とりあえず他にいろいろ買ったのと、PDF持っているのでスルーしちゃいましたが。。。

で、シナリオ。初めてSR4をマスターする人を意識して作ったシナリオらしいです。
SRのその手のシナリオとしては、1stの名高い付属シナリオ「Food Fight」があります。
コンビニに入ったら、ギャングに襲撃されて戦闘するだけのシナリオ。銃撃ったときに棚の何が飛び散ったか表とかあって愚か。ちなみに何故か 3rdでリメイクされていたり!!

初めて見た当時はなんじゃこりゃーとか思ったけど、今だったら『イノセンス』っぽい演出で遊べるかも。とりあえず川井節サウンド鳴らして、犬出して、最後にモトコー8とか叫んでおけばOKさー。

      • -

話し変わって。2ndの時は入門用を意識したシナリオってなかったような。あんまり記憶にないかも。とにかく依頼人が裏切ったり尻尾巻いたりで、読み物としては面白いけど、実プレイに弊害がありそうなシナリオが多かった気が。真に受けすぎて、依頼人の裏をとるのに数時間ってゆー不毛プレイの発祥はここにあると思います。
そーゆーのってたまにだからいいんだし、そーゆーシナリオの時はさくさくとドツボにはまったプレイをした方が面白いと思うんですが。

      • -

ここまで書いたので、ついでに3rdのことも書いてみたり。
まずは『Shadowrun Quick Start Rules』というサプリメント(?)。簡易ルール、サンプルキャラクター、入門シナリオまでついて $6.99のすぐれもの。シナリオは、チーム組んで、ハイテクダンジョンに潜って、ハック&スラッシュってゆー、テクスチャを変えたD&Dライクなやつ。やー、開き直ったなぁ。システムのデザイン思想に立ち戻るとそーなるよなぁと思った記憶が。1999年の作品ですが、このまとまりっぷりは今でも秀逸。今から3rdをやるよという人がいたら超オススメ(いたらね!!)。

あと『First Run』という入門用っぽいシナリオ集も。3本シナリオが入っていて1本目がくだんの「Food Fight」がw

      • -

そして4th。『On The Run』
TELL IT TO THEM STRAIGHTとか、BEHIND THE SCENESとか、CAST OF SHADOWSとか懐かしい単語が並ぶシナリオ記述形式。つまり 1stの時から変わっていません!!(がっくり
これが伝統の重みってやつでしょうか? 記述が事細かで丁寧といえば聞こえはいいですけど、個人的な好みで言えばやや冗長。まぁ、僕の読解力に問題があるのは否定しがたいですが。

あとマスターしか読まないフレーバーのショートストーリーとか超いらないとか思う実プレイ主義。こーゆーの見るとなんかシナリオライターが書きたいこと書いていて、ユーザーの方を見ていないんじゃないの?とか思っちゃったりも。

で、肝心のシナリオなんですが。ビギナーマスター&プレイヤー用とか書いていながら、2ndの時のシナリオ『Ons Stage Before』に出てきたキャラクターが出てくるよとか。この老害め!!。。。でもちょっと好きかもw

広告を非表示にする