病魔の坑道

1/12,13の夜、2日間にかけて D&D4th「病魔の坑道4e」を遊びました。
ツールは Skype+どどんとふ。ボイスオンセ。

GM:が〜じるさん*1

妄言を聞き流して前に進める良いDM。PLはとりあえず言わせてもらうだけでも満足するのさー。
だが4Lvドラゴン、おまえはダメだ!w

バルグリム:ドワーフ/レンジャー:うぃんぐさん

舞台となった村出身で当事者性が高く、さっぱり話を進めない我々を引っ張ってくれた実質的リーダー。
戦闘では二刀流レンジャーはダイス目に裏切られるとしょぼんを巧みに体現してましたヨw

ブレイド:ヒューマン/ファイター:ruwindさん*2

オンドゥル語を操る謎のファイター。無口キャラをやるために、滑舌が悪いという設定をつけたらしいけどネタ全開だったなぁ。
その他にもコマ絵のせいでヒューマンと認識されなかったり、そもそも中の人が仮面ライダーブレイドを見てなかったりとか!

ミンメイ:ノーム/バード:漆妖さん

「キラ☆」と言ってスリングを投げたり、「突撃マイハート」と言って突撃したり、「こんなことめったにないんだからね」と言って治療したり?
まぁあれだ。自キャラはともかく、舞台となった村をハンドアウトに沿わない設定に変えようとしたり、中型種族を見上げてゼントラーディとか言おうとするのはドーヨwww*3

サウザンド:ディーヴァ/ウィザード:akiyuki

ダイスの出目に関わらず、雑魚を一掃出来るように調整したウィザード。自分を信じておいて良かった。案の定ダイス目はよくなかった。1日毎パワーも外したし*4
とはいえ、ごっつあんキルで活躍できたので満足満足。

遭遇は、

リアル1日目(2.5時間ぐらい)

非戦闘遭遇

トラップ+NPC。
バルグリムがちゃんとNPCのハナシを聞いていたのが印象的。

戦闘遭遇1

雑魚たくさん。アーチャー×2、シールド×2、シャーマン。地形は柱+段差。
ミンメイがエネミーと歌で交渉していたのが印象的。

リアル2日目(2.5時間ぐらい)

戦闘遭遇2

雑魚たくさん。砲撃役。地形は沼っぽい移動困難。
スピーディに砲撃役に接敵して、敵の最大火力を発揮させなかったブレイドの貢献が印象的。

戦闘遭遇3

ボス1。地形は視線を遮る石柱。
各人が役割を果たしつつも、1人また1人と倒れる展開。とりあえず後衛で最後まで立っていたサウザンドがごっつあんキルしたのが印象的*5


全体的に。
実はDM経験よりも PL経験のが少なかったりするので、今回PLを出来たのはいろいろと楽しかったです。
やはりDMの時よりも、PLの時の方が判断ミスが致命的なのでスリリングだなぁ。
いくつもミスするも、それも含めて楽しく。


戦闘は1戦闘1時間ぐらい?
もしかしたらリアルセッションとそれほど時間は変わらないかも。
どどんとふの機能が充実していて、範囲マーカーとかD&D4th用にカスタマイズされていて、かなり便利。
これで状態マーカーや、マークマーカーを充実させたら、もっとすごくなるんじゃないかと思ったりしました。


もうリアルD&D4thセッションも皆でノートPC + Wi-Fi + どどんとふを使ってセッションしたらいいんじゃないかと思ったりしましたよ。
(とは言え、そーゆー環境を整えるのは大変そうだけど)

*1:id:GARGILL

*2:id:ruwind

*3:註:ネタです。たぶん

*4:種族パワーを使って達成値+1d6しても

*5:ということにしておこう

広告を非表示にする