ヤンデレ

雅寿丸さん作成の同人TRPGヤンデレ』を遊んできました。
面子は以下の通り。

GM:雅寿丸さん

あやうく初プレイの予定になりそうだったデザイナー。
2回目のプレイということで、ヤバイところを炙り出してもらっていたのでスムーズにプレイ。

尾後 淳子(緑):いわなみさん

緑のくせに「わたしは青のエース」とか言い出すヤバイ人。
まー、このゲームではあるべき姿か。
でも緑寮に行きたかったんだけど、青のフリをするので話が進まない進まないw

赤城 啓介(黄):ブラフマンさん

チェーンソー二刀流してー!とか悩んでいたオトコの子。結局、判定修正値が厳しいのでやらなかった。
もう一つの人格「妹」が死んだのでガーデンにやってくる。
虚言癖持ちなんだけど、嘘っぽいことを言おうとするとそれが真実だったりするヤンデレクオリティ。

”ウェンディ”愛須 伶奈(赤):akiyuki

注意欠陥ですぐ機会を壊してしまうヒト。しかし得意スキルは機械工作みたいな(先にスキルを決めていた悲劇)。
問題行動表から勝手にイメージを膨らませて失語症。上のイメージの人*1みたいにフリップで意思疎通する。
戦闘に入ったら、フリップを投げ捨てて、二丁拳銃すると意思疎通が出来ない、とかイケると思ったんだけど。。。やっぱりイケてなかったかもw


シナリオは付属の「ALICE」。
本来は、うまく立ち回らないとコンフリクトを解消できずに、PC対決が発生しそうなシナリオ。。。なんじゃないかと思います。
しかし PL(僕)が注意欠如で、パーソナル(キャラ作成時のPC目標)、スピシフィク(シナリオ上のPC目標)の達成も忘れていたので、赤一人負けで終了。
ストーリー的な好みの方をとってしまいました。


目標が「○○を倒す」だったんだけど、弱ってるやつを倒してもつまらないから、次のやつでいいやとか思ったり。
よく考えると、組織としては背後に別の目的があるから、あいつを倒さなきゃいけなかったんだろうけど。
そうなると「□□(個人名)を倒す」→「調査すると○○だったのが分かる」の方が僕みたいなヘタレが迷わなかったかもしれないなぁとも思うけど、そうなると他のオープニングと被ったかもしれない。


そんなこんなでヤンデレをプレイ。
セッション中は、たしかにヤンでましたが、どこにデレがあったのかは謎ですw
まぁ基本的に同性しかいない舞台で、デレるのは難しいですよね。
もしくはヤンでる自キャラに対する感情移入=デレと考えるべきか。

*1:しおんの王:安岡紫音

広告を非表示にする