読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#4」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第6回。本シナリオ4回目。
参加者は、エミル、ホロウ、アーチ、ムラマサ。

ここまでの軌跡


ネヴァレンバー卿と会見したり、防壁を見に行ったりのネヴァーウィンター観光シリーズ?
街に蠢く勢力や人々のことを沢山聞いて、陰謀の渦に巻き込まれていく未来が見えた。


戦闘では、今回はPC4人だったのですが、計ったかのように基本4職。いけるいけるぜーと思ったのですが。1ラウンド目に瞬く間に、重傷になるムラマサ(残HP1)とホロウ。きゃー、死んじゃうー、またホロウが死んじゃうー、というあたりが本日のクライマックスw 2ラウンド目以降はムラマサが1日毎パワーを切ったことをはじめ、各PCがアクションポイントを切ってことなきを得ました。計3ラウンド。

ネタバレを含む感想

覚書#6

  • サビーヌ将軍の申し出により、ネヴァレンバー卿との会談へ。
  • 座礁リヴァイアサン亭から小舟で正義の館へ。正義の館は、元々はティアの神殿のようだ。
  • ネヴァレンバー卿。がっちりとした体形のヒューマン中年男。
  • 英雄として歓待される。食事と酒を御馳走になった。
  • ネヴァーレンバー卿とエミルとは、ウォーターディープにて面識があるという設定にしてもらった。これはエミルの貴族設定を他PCにアピールするためだったことを、セッション後に思い出したw
  • ネヴァレンバー卿は、マスクドネヴァーウィンターと交渉しようとしたが、断られたらしい。
  • 卿によると、マスクドネヴァーウィンターは、アラゴンダーの息子たちと手を組んでいるらしい。
  • 卿は、誰なのか?王である根拠は?マスクドネヴァーウィンターはどの程度支持されているのか?が知りたいとので、調査してほしいとのこと
  • 報酬1人500gp(前金100gp、成功報酬400gp)
  • ホロウの見立てによると、卿はネヴァウィンターの統治を手放すつもりはなさそう(《看破》25)
  • まずは防壁(The Wall)の調査から始めてほしい。
  • 防壁は卿の配下のミンターンの衛兵が守っている。
  • ネヴァレンバー卿の印がついたバッチをもらう。
  • ブラックレイク地区へと渡るワイヴァーン橋は、現在封鎖しているが、バッチがあれば渡ることが出来る。
  • マスクドネヴァーウィンターは、最近出現したばかりらしい。
  • アラゴンダーの息子たちは、2つの派に分かれている、灰マント派(穏健派)とナシャー派(過激派)に別れている。
  • アラゴンダーの息子たちは、ミンターンの衛兵に襲撃をかけたりしているため、ネヴァレンバー卿との協力は困難。
  • 防壁につくと、門衛がおらず。無法者に襲われていた。
  • 門を開けようとする無法者2人組を止めようとするが、警備の詰め所の影に無法者3人が潜んでいた。
  • 瞬く間に、重傷になるムラマサ(残HP1)とホロウ。きゃー、死んじゃうー、またホロウが死んじゃうーw
  • 無法者を退治して、話を聞いたところ、どうやら顔も見せない者に雇われたようだ。防壁の試験するためと言われていたらしい。
  • 無法者たちは、2レベルと4レベルの魔法のアイテムを持っていた(未分配)。
  • そこにセルドラが現れた。彼女は、我々が運んだネヴァーウィンターの王冠を、マスクドネヴァーウィンターに託したらしい。とういうか我々がネヴァーウィンターの王冠を運んでいたことをここで知った。
  • セルドラは、ネヴァレンバー卿に雇われつつ、マスクドネヴァーウィンターを信奉しているらしい。二重スパイ。
  • セルドラは、マスクドネヴァーウィンターの現在位置は知らない。
  • セルドラは、無法者は、死鼠団(デッドラット団)に雇われたのではないのかと踏んでいる。彼女の調査によると、死鼠団はアラゴンダーの息子たちと手を組んでいる。マスクドネヴァーウィンターとのアラゴンダーの息子たちの関係は知らないとのこと。アラゴンダーの息子たちは一体どこと手を組んでいるのだろうか
  • とにかく我々は次にネヴァレンヴァー卿に指示された、ブラックレイク地区に向かうことにした。セルドラが言うには、千の顔の家という酒場を訪れるといいとアドバイスをもらった。