読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D&D4th「ネヴァーウィンターの失われた王冠#5」を遊んで

平日夜ボイスオンセ第7回。本シナリオ5回目。
参加者は、エミル、グレン、ジャーダ、ホロウ、ムラマサ。

ネタバレを含む感想

覚書#7

  • ワイバーン橋は、ミンターンの傭兵が厳重に警護していた。
  • ワイバーン橋を渡り、ブラックレイク地区へ。
  • そびえ立つネヴァー城は幽霊城らしい。
  • 橋を渡ると荒廃クリーチャーたちが現れた!また二正面!この街のクリーチャーは訓練されているな。
  • 労務者のつかみなど私エミルの鎧にかかれば…反応攻撃だと!
  • ジャーダ「わたしが一番メイジ・ハンド(による戦術的有利)をうまく使えるんだ!」(弓を撃ちつつ
  • LV3アイテム→ムラマサへ。メイジ・ハンドを2個使えるようになるらしい。
  • アーチしか知らないが、千の顔の家はハーパーエージェントの拠点らしい
  • 1回休めばパワーアップしそうな気がするが我々は先を急いだ(Lv2にアップするための経験点は獲得したが、レベルアップには大休憩が必要)。
  • そして一行は千の顔の家へ向かうのだった(つまり辿りつかなかったw)。