『マギカロギア』「叡智と狂気の奔流を」を遊んで

TRPGコンベンション 全部冒険企画局ぷち♪に遊びにいってきました。
厚木です。

新版になってから、『マギカロギア』を遊んでいなかったので(というか積読してたので)、遊んでみたかったのです。


参加した卓は、赤井さんGMの『マギカロギア』「叡智と狂気の奔流を」。
参加PLは、Dr.リーさん、命生さん、akiyuki。

『ロストロイヤル』「同盟会議」を遊んで

 『ロストロイヤル』のキャンペーン第4回目のセッション。
 今回からオリジナルシナリオ。


 キャンペーンの締めに向かって、周辺国の設定を拾いつつ、決戦ムードを高める感じで、前回ロストしなかった分身と決着をつけようとすると、パズルピースが多くて、無理やりベースに詰め込む感じ。キャンペーンならではですね。

前日


セッション

予告

 目指すものは同じ。
 でも心の中はそれぞれ違う。
 防衛、恩義、権威、贖罪。
 それでも打倒魔王の志は変わらない。
 ああ風はいずこに流れるのか。


 『ロストロイヤル』エピソード3 「同盟会議」
 すべては主の御心のままに 栄光あれ

シナリオスペック

エピソード:3
シナリオタイプ:儀式シナリオ
時間:1

状況

  • 主君モイラ一行は無事にアヴァロン王国を脱出した。
  • アリナムの王子ロズベルトは、ニアスリーテの求めに応じて、自国へ戻った。
  • 魔族の侵攻から数か月、やっと他国に情報が行き渡り、ザレスト城塞国で同盟会議の開催が決まった。
  • 主君は同盟会議に招聘された。
  • 会議に集まった主要人物は以下の4人。

 ザレスト城塞国、初代国王ザレストの子。ファネン。人魚族。
 群咲(むらさき)の王国、国王シェルーリムの曾孫のウラルスタン公子。咒林妖精。
 イスカール王国、”氷の薔薇”の異名をもつ女王ヘルガ。人間族。
 パールシィ王国、若き女王ウーラ・ファム。火炎妖精。

  • ザレスト城塞国と群咲の王国は新王国(ログレス島に渡ってから建国された国々)、イスカール王国とパールシィ王国は正王国(大陸から続く旧くからある国々)。
  • アヴァロンのお隣、ロージアン王国(正王国)は、魔王と同盟を結んでいる。
  • アリナムはイスカール王国に属している。
  • 会議の主導権を、新王国勢と正王国勢のいずれが握るかで揉めている。

宣言ハンドアウト

命題A:「新王国勢の主張に従い、海路で攻める」
  • 理由A-1:魔王軍の主力は陸軍だ。ならばザレスト城塞国の海軍を主体に、守りの薄い海から攻めて、魔王を倒せば、早急に戦いに終止符を打つことができるだろう。
  • 理由A-2:咒林妖精にとって海は危険だ。それでもウラルスタン公子は援軍を厭わないという。その決意の源はセヴァン王への恩義。ならばその覚悟に応えるべきだろう。
命題B:「正王国勢の主張に従い、陸路で攻める」
  • 理由B-1:魔王を倒したら魔族との戦いは終わるのか?その保証はない。ならば圧倒的に徹底的に殲滅すべきだ、というヘルガの苛烈な主張は正論だ。そしてその主張の裏にキミはロージアン王国解放の意図を感じた。
  • 理由B-2:魔族を倒す「龍の篝火」はかつてパールシィ王国が持っていた。しかしその炎を失った。これは贖罪の戦い、そう女王ウーラは言った。そんな彼女を守りたい。

# それぞれの宣言ハンドアウトが主要4国とリンクする構造になっています。NPCと知り合いだったり、出会ったりの関係は PLが自由に決めることが出来るものとします。

舞台表(ザレスト城塞国・首都シュマ)

1:海や港が見える場所(天守閣、物見やぐら等)
2:飲食が出来る場所(食堂、調理場、市場、屋台等)
3:静かで厳かな場所(神殿、墓地、図書館等)
4:慌ただしい場所(港、酒場、避難民キャンプ等)
5:魔族が潜伏する場所(周囲の森、夜闇、城塞の中等)
6:主要NPCの部屋

【特性】(シナリオ舞台の特徴) 『アバタールハイ』p.217

  • 同盟:魔族と戦うために力を合わせる意思のある権力者がいる。主君は【運命点】を1点獲得する。
  • 同胞:旧アヴァロン王国から脱出できた国民が身を寄せている。全ての騎士は【正義】を1点獲得する。
  • あとから追加(戦の影:魔族による戦の気配が色濃い。魔将は罪の果実を+1)

カレンダー

  • 3月:最後の贈り物
  • 3月:晩冬の岐路(冬)
  • 4月:惜別の茜(春)
  • 5~6月:同盟会議(夏)

イベント

なし

戦闘

 前回ロストしなかった分身&コ・アルビオン。いける。いけるべ?
 ……おのれ、【火球】!リメンバーファイアーボール!!


命題

 陸路で決まり。

主君反応表

 今回のVIPはレクイエム。
 「眠っている」→「ドヤ顔する」。
 まー、同盟会議の最中に「眠っている」とか出たしねー。

乱世度一覧表

 今回加わった R&R掲載の義勇騎士。”止水の騎士”マクスエラン(亡霊)が現れては、消えた(成仏)。魔力が高い人にしか見えないし話せないというとってつけた設定が、ディスコミュニケーションを生んで面白かったです。

次回シナリオ

 実は儀式シナリオは3回しかやっていないのですが。次回は儀式+決戦シナリオ。
 早く戦争を終わらせて、畑の収穫をしないと、戦いに勝っても、食糧難で餓死者が増える。だから無理しても先に進まなければならないという「押し」。


 なお他の卓では1セッション毎に数年経っているというキャンペーンもあるとかで、やり方はいろいろあるなぁ。


 次回は、どさっと敵の部隊を沢山並べて、ミドルで「討伐」判定に成功したら、任意の敵部隊を倒せるよという流れ(もちろん全手番全判定成功でも敵部隊は全滅しない量)。「選択」するのはきっと楽しい?

『デッドラインヒーローズ』「麻神学園の日常」を遊んで

 ややネタバレを含みます。*1


 電子書籍シナリオ集『学園エピキュリアン』を積読してたのだけど、誰も募集を募ってないので、思わず読んでしまったとつぶやいたら、GMすることになった件。

 シナリオ集は全2話。
 オンセで1回2時間弱。2回で1話のペースで遊ぼうかと。


参加者

 面子はtwitterで集めたよ。


GM:akiyuki

 付属シナリオに引き続きGM。例によってプレイヤーやったことないお。

”バンダースナッチ”番田那智/エンハンスド/漆妖さん

 フォーセイクン・ファクトリーの元幹部候補生*2。キャラクターイメージが「戦って、死ね」。よってデッドラインする×2。

”フォクシィドール”山王桜子/ジャスティカ/アンドーさん

 黒髪ロングセーラー服狐面。メンドウなことは舎弟がやって、オイシイところはいただくスタイル。ところでここ超人学園なんだが!

ジョーカー”五十嵐当麻/テクノマンサー/ソラさん*3

 マジシャン。自作アイテムで快楽的愉快目的なヒーロー活動をする。チャラっぽくもありつつ、でも支援、戦術、資金調達と言うこと聞いておくといいことある系。


 キャラクター作成は特に調整せず、好きに作ってもらいました。
 そしてこの時は気づかなかったのです。【精神】キャラがいないことと、範囲(または複数体)攻撃を出来るキャラがいかったことに……。

 GM的には事前に気づいて、さりげなくアドバイス出来たらカッコよかったですね。
 気づかなかったけど!

セッション

*4

  • シナリオ(というか舞台)の雰囲気が、ルールブック付属とがらっと変わり?、アメコミというよりは、巨大学園アニメっぽいのでちょっとオドロキ。世界が広がった。
  • シナリオスペックで明らかになっているが、「初期グリット:6、チャレンジ:4、クエリー:なし」にもオドロキ。クエリーがない! という遊び方も出来るよというサンプル。
  • チャレンジは、ちょっと指定技能が特定能力に偏りすぎている印象。事前に気づいてたら個人的に手を入れたくなるレベル。気づかなかったけど!
  • もちろん「予定外の行動に対応する」(p.168)で別技能で判定してもいい。
  • 決戦は、ボスのパワーと、ザコの数に戦々恐々しつつも。ただの強いやつが殴ってくるよりも、ちょっとした仕掛けがあった方が楽しい。
  • という印象は、もちろん、結果的にスリリングに勝利を得て楽しかったからだ。


 あとルール的には

  • 「束縛」されても、パワーでの移動は出来ちゃうんじゃね?とか。(今回は敵のパワーは使えないことにした。そうしないと展開ステージで出てきたアイテムに効果がないから。でも《ガード》は使えることにするというアンビバレンツなルール適用。自覚はしてたけどさー)
  • 《幸運のお守り》(p.127)は、1シナリオに1回、出目の1の位と十の位を入れ替えるのですが、この効果の発動に判定がいることにオドロキ。判定に失敗したら、その判定を成功させるために、判定するの。ちょっと冗長じゃない?と思ったけど、実際にセッションで使われると、なんか結構盛り上がったw

 とか思ったり。


 そんなこんなで、オフセで遊んでも、オンセで遊んでも、さくさくと楽しいゲームでした。
 そして次回からは、成長点をつぎ込んで、「シナリオ2:野良犬どもの宿命(さだめ)」へ。プルス ウルトラ!

*1:この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ

*2:次シナリオの都合で

*3:はじめまして

*4:導入で出てた、耳から炎を出す少年。ランダムチャートで「溝口流星」君が、決戦フェイズ2ラウンド目に現われて、エリア状態改善する。ランダム継続。ピンチにNPCが協力してくれるというベタ展開はやっぱ燃えるってばよ

『ダブルクロス』「The Dark Knight Falling」を遊んで

ダブルクロス(DX3)』のサプリメント「レネゲイドウォー」掲載のキャンペーンシナリオ「Renegade War:Outbreak of War」の第3話(全3話)。

面子

  • GM:”ダイスが1個になってからよく回る”しょーじさん
  • PC1:”不確定の切り札(ワイルドカード)”→”パラディン”結城ハルト/キュマイラピュア/akiyuki
  • PC2:”インフィニティゴッド”神代無限/モルフェウス・ブラックドッグ/アンドーさん
  • PC3:”サイドキック”異護院将鬼/ブラムストーカー・エグザイル/せいじゅうろうさん
  • PC4:”ゲームマスター”神宮寺要/オルクス・ソラリス/かなやんさん

前回まで

成長

 高レベル環境でサンプルキャラクターで2度遊び、PC1のサンプルはとても使いやすく、それなりに強いけど、防御はリソースを突っ込んでいるほどには効果的に機能しないかなと思うに至りました。


 とはいえ。強力な援護キャラはいるし、ダメージディーラーも範囲アタッカーもいるので、まぁ防御専キャラにリビルドするよりは、キャラを立てる方向でと、ゆとりマインドの成長を考えてみました。


■成長計画
折角だから新サプリのカンパニーを作ってみるよー。


●カンパニー名:Hero Alliance ※シナリオ1のDevil's Allianceに対抗
複合使途:3exp(取得財産P+2。スロット+1)
ごく小規模:2exp(スロット2)
コンピュータルーム:2exp(チーム所属PCの情報収集判定達成値+2)
広報メディア対策室:3exp(チーム所属PCの【社会】を使用した判定ダイス+1D)
シークレットガジェット:20exp(チーム所属PCはシナリオ1回、判定の直前にオートアクションで使用できる。その判定のダイスに+3個する。この効果は、宣言した本人にのみ適用される。)


僕が経験点を払ったから、僕がリーダーだと主張w
チームメンバーをひろくPCに求めます。
他PCは、「チームに入るよ!」と宣言するだけで、「チーム所属PC」の効果が得られるはず。


いなくなったパラディンの穴を埋めるべく、空回り気味に奮闘していることの演出も含んだ感じで。

と考えていたら、当日ダメージディーラーが病欠。一体どうするの!?www

セッション


カンパニー

 データ的には、パーティの情報収集を強化しつつ。
 後継者として空回りするハルトと、それを認めない異護院のカンパニーに加入しない(クライマックスで加入する予定)のロールプレイは、いい年したおじさんたちのキャッキャうふふの空間を展開して、とても余人に見せられるものではないのですが、だがそれがとても楽しく(末期症状

回想シーン

 クライマックス。最近はあまり見ない、キーワード脳内当て展開。
 しかし我々は必要なキーワードに自信が持てず。


GM「これまでのセッションにキーワードは全部出てるよ」
僕ら「細かく覚えてないなー(ぼんくら顔)」
僕ら「強く当たって、あとは流れでいくか…」
GM「じゃあ以前にシーンのおさらいする?」
僕ら「するする。総集編というか、回想シーンというか」
GM「じゃあ。どのシナリオのどのシーン?」
僕ら「前のシナリオも!?」
GM「あと回想シーンやるなら侵食率あげてね」
僕ら「侵食率!!?」


 ……ええっと。結局4シーンぐらいやりましたw*1

 堅かった。強かった。全力4ラウンド。
 もっとえげつなく、さっくり、ガッツリしたデータを作れるようになりたい。そう思った夜。

侵食率

 レコードシートに2列目(160%以上)があるのが飾りではないことを知り、そしてEロイスたっぷりと、ヒーローズクロスがあれば、結構1倍振りでも還ってこれるという現実。この感覚で他ステージを遊ぶと危ない予感。



 高経験点がっつりヘビーデータセッションでしたが、たまに遊ぶとやっぱこーゆーのも楽しく。
 満足満足のキャンペーンでした。
 そして次なるセッションの世界へ………。





 

*1:5/28追記。シナリオを読んで答え合わせをしてみた。我々は考えすぎていた。難しく考えすぎていたのだだだだ

『ブレイド・オブ・アルカナ』「罪の街」、もしくは「くっ殺女騎士を愛でる会」を遊んで

久々のブレカナ。『クラウン・オブ・イビル』付属の「罪の街」*1を遊びました。
面子はGMしょーじさん。
PLは、チャクラ厨さん、梔子薫さん、あるばさん、akiyuki。
GM以外は初めましての新鮮な面子です。


1つのゲームをベースに、初対面の方と、どこまで切り込んだり切り込まれたりするか距離感を図る緊張感。こーゆーのがあるからTRPGは楽しいと思うのです。


セッションの方は、

他の人がキレイにまとめてくれている!*2


独特の世界感。
円熟のシステム*3


それでもリインカーネイションになって遊ぶ回数が減ったのは、キャンペーンシナリオが出てないからじゃない!?とか八つ当たり気味に思ったりしたのでした*4


とにかく。久々に遊んでやっぱブレカナ楽しーので。
とりあえず一回世界をリセットして、情報量も少なくなっているから、一度がっつり読み込んでみようと思ったのでした。


ところで人造聖痕とか何よ!?*5

2017/5/14追記

あれ?ボクこのシナリオを別面子で遊ぶ予定が入ってたぞ。しかもPL。
また「罪の街」?はははは。おぬしも好きよのう状態。
ヤバイ。今回のセッションのイメージが強すぎて、どの枠でも今回のPCコピペロールプレイになっちゃうかも*6とか危惧していたら、PC5枠になりました。よかった今回いなかった枠だから新鮮な気持ちで、くっ殺女騎士を愛でる会を楽しめるw*7

*1:公式NPCのアレクシアがくっ殺するシナリオ

*2:こんな風に簡潔で内容が凝縮された文章を書けたらいいなーとか思ったり

*3:リインカーネイションになって、あまりクリティカルゲーでなくなったところ、リアクションがダイス運で希望を持てるようになったところとか好き

*4:シナリオ作らないオトコ

*5:サプリを買ったけどデータしか読んでなかった

*6:特にPC4枠のくっ殺女騎士とその従者のパーフェクトコンビネーション

*7:後半のツナギはどーしようの顔で

『シノビガミ』幕末編「人斬り刀始末」を遊んで

久々の『シノビガミ』。久々のオンラインセッション。
そしてセッティングは幕末編。いがさん(@igadani)作成のオリジナル設定&ルールを使って遊びました。

面子

  • GM:@igadani さん
  • PC1:薩摩藩の人斬り。久兵衛(@Dontkinderさん)。
  • PC2:土佐藩でPC1の同志。閑丸(@myumikamiさん)。
  • PC3:朝廷所属の姉小路に仕えるもの。千代丸(@namikazetatsukiさん)
  • PC4:幕府の犬。根津欽次郎(@akiyuki)

そして始まる、姉小路公知暗殺と人斬りの物語。

第1夜:5/12:3時間ぐらい


第2夜:5/20:2時間未満


幕末ルール

  • 所属(薩摩とか土佐とか新撰組とか)
  • 思想(尊王とか攘夷とか開国とか倒幕とか)
  • テロル(いろんなタイミングで発生する思想弾圧!(判定。失敗するとダメージ)
  • 幕末専用忍法
  • 幕末専用背景
  • 幕末シーン表

 ガッツリつくられていて、幕末っぽく遊べます。
 詳細は夏コミで発表されるとかされないとか!?(マジ要チェックやー

セッション

 特殊型2サイクル。
 いろいろな不幸(笑)が重なり、PC同士で血で血を洗う争い。
 そしてボクは、ボクは……また勝てなかった!w
 ボクは【本当の使命】は達成できなかったし、セッション内ではシナリオの全容は明らかにならなかったけど。それでもドラマチックでオンリーワンの展開で、満足度の高いセッションとなりました。
 あー、ひと手番足りなかったな、ぐらいが絶妙な感じ。


 そして(おそらくGMも)どーなるか先が分からないセッション展開と、独特の疑心暗鬼感、信条を貫くロールプレイから生まれる緊張感。予定調和したくても望めないw シノビガミっぽさ?を満喫しました。楽しかった!

『デッドラインヒーローズ』「12時間」を遊んで

デッドラインヒーローズRPG


 アフター子供の日+1。新作ヒーローTRPG『デッドラインヒーローズRPG』を遊びました。
 シナリオは付属の「12時間」。

準備



 マーベルヒーローとして、ユーフォリア(ローラ)、ストンプ(渡辺直美)をデザインするという。なんだこれ。すげー。


 それはさておき。

面子

GM akiyuki。
PLは、

PC1:”セカンド・ザ・コールド”宍戸流星/ミスティック/tosiさん

 PC3(マスター・ファイアーボール)を召喚した魔法使い。すっかりPC3を神として崇拝している(もしくは使い減りのしない盾としている)。世間的なヒーローとしての認知度は低く、神(PC3)が活躍する画面に見切れて写っている知る人ぞ知るヒーロー。

PC2:”ダンシング・コヨーテ”たかしの母ちゃん/ジャスティカ/漆妖さん

 高校生の子供と新宿に買い物に出かける主婦。実は引退した二丁拳銃使いのヒーロー。かつて神(PC3)とともに世界を救ったこともある。

PC3:”マスター・ファイアーボール”/ハービンジャー/アンドーさん

 異世界からやってきた神的炎使い。PC1に召喚された、大戦略好き。シーンへは天井を壊して空から降りてくるか、天井を壊して空へと去っていく。

セッション

*1


 GMは初プレイ。PLもルール未所持者含むから、世界説明から始めて、ゆっくりキャラクター作成。セッションはたっぷり演出を挟んで、休憩も多めにとって、5時間はかかってないぐらい。


 システムは軽く。しかしさまざまなヒーロー能力を設定する表現力は低くなく、ランダム性はやや高めでドキドキワクワクしつつ、決して単調ではなくリソース消費の判断は求められる。シナリオによるGMからPCへの問いかけ「クエリー」と、PLによる自主的な自己演出「リマーク」で、ロールプレイをしたい人はチャンスを確保しつつ、したくない人はしなくても進行する。 思い切って PL3人に絞ったり、対抗判定を減らすことによって、セッションのスピード感を保つ。心地よい最新のシステム感。


 特に設定されたヴィランは魅力的で、全ての組織のボスと幹部がデータ化されていて、作り立てのヒーローが倒せるあたりも魅力です。なおPCが成長したら、同じぐらいの成長点でヴィランを成長させろというクレバーデザイン。


 このテーマが好きな人なら遊ぶしかないッショ!!

*1:特にBOSSのパワーには、”心に蛇を飼う人”として(一部に)名をはせたブラフさんの笑顔が視えたような気がしたw