『ブレイド・オブ・アルカナ』シナリオメモ「白銀荘の一夜」

思いつき。『ブレイド・オブ・アルカナ』シナリオメモ。
少人数短時間オンラインセッション想定。
そんなに大仰なネタじゃなく、さっくりした小ネタでも、いけるんじゃないかなぁという思いつき。


背景世界は魅力的だし、PCカッコイイし。
なんかPCが出会って、ちょっとしたことがあって、決戦フェイズやれば、結構お腹一杯になれそうな気も。

シナリオデータ

  • プレイヤー人数:3人
  • プレイ時間:2.5~3時間

アクトトレーラー

 PC共通ハンドアウト
 因縁:☆女主人/奇縁
(猛吹雪の中、雪山の屋敷に辿り着き、女主人に迎えられる)

レギュレーション

秘密

  • 本シナリオでは、ハンドアウトや設定とは別に、GM提案の裏設定を【秘密】として配布します。
  • 【秘密】はPC1~3で、それぞれ別々です。
  • 【秘密】は終局ステージまで公開不可です。
  • 推奨サンプルキャラクターと推奨設定から想像して選択してください。
  • なお【秘密】は、PL側で盛ってもいいです。

消費経験点:0点

推奨サンプルキャラクター/推奨アルカナ/推奨設定

PC1
  • 推奨サンプルキャラクター:漂白の貴族
  • 推奨アルカナ:特になし
  • 推奨設定:物見遊山の旅人
PC2
  • 推奨サンプルキャラクター:森人の元力使い
  • 推奨アルカナ:特になし
  • 推奨設定:旅商人
PC3
  • 推奨サンプルキャラクター:遍歴の騎士
  • 推奨アルカナ:特になし
  • 推奨設定:武者修行中

PC間因縁

  • PC1→2→3
  • 本シナリオでは、PC間因縁はPC同士が出会った時の運命の導きとします。過去に面識はありません。

追加ルール

  • 悪徳と希望ルールを使用します。

導入ステージ

  • 屋敷には女主人とPC3人がいます。
  • 女主人が振る舞う夕食をとりながら、自己紹介をして、どんな旅の途中で、どのようにこの屋敷に辿り着いたかを、それぞれ語ってもらいます。

終局ステージ

  • 【秘密】を公開して、それにまつわるシーンを演出します。

todo

  • それっぽいアクトトレーラーをかく
  • それっぽい共通ハンドアウトをかく
  • 各PCの箇条書きの【秘密】をそれっぽく清書する。
  • 悪徳値を決める。******
  • 殺戮者のアルカナと所持聖痕から、データを詳細化する。
  • 展開ステージの判定内容から、シーン描写をそれっぽく清書する。

『ブラッドムーン』シナリオメモ「神獣島」

『ブラッドムーン』GM持ち回りセッション会のGMに向けてアイデアメモ。


僕は第3回目。1回目はヴァンパイアでした。
他にも学園転校生ものとかも考えるも、どれもヴァンパイアネタなので、目先を変えてモノビーストでいくのもいいかもしれないと考えました。そのメモ。

シナリオタイトル「神獣島」

導入メモ

 神獣島。
 東京とは名ばかりの、本州から遠く離れ、太平洋に浮かぶ離島。
 その島では遥か昔から、獣を神と崇め、満月の夜に生贄を捧げていた。
 今宵もまた天空に満月が昇り、夜を照らす。静かに。そして無慈悲に。

 導入シーンは、北里理(きたざと・おさむ)15歳の回想で始まる。
 彼の父は医者で、離島診療のために妻と息子とともに赴任してきた。
 本来別の医者が赴任する予定だったが、急な事情で代わりに父が赴任したらしい。
 父は地元の人に、死亡証明書の偽造を強要されていた。
 行方不明の老人の遺体がないのに、自宅臨終したことにしろというのだ。
 父が理由を聞くと、その島では満月の夜に、神獣に人身御供する慣習があるという。捧げるのは老人や重篤な病気の人で、当人も納得の上だという。
 しかし父は断った。断り続けた結果、父母は村人に連れ去られた。自分は父母が命がけで隙を作ってくれたおかげで逃げ出した。
 そして見てしまった。波で作られた、海とつながる洞窟で。半ば透明な、うっすらと実体を持った獣の姿を。その獣が父と母を貪り喰う光景を。
 少年はネットを駆使して、己が知った真実を世界に配信した。
 そして助けを求めた。共に獣や島人と戦ってくれる仲間を。

フォロワー

  • 村長(神主):神守庄司(かみもり・しょうじ)
  • 警察(漁師頭):崎守亮(さきもり・りょう)
  • 医者の息子:北里理(きたざと・おさむ)

シナリオ幸福[p.216]

  • 医者の息子:北里理(きたざと・おさむ) 任意の精神部位、強度1

 通常獲得できる【幸福】とは別に扱う。
(復讐に先走る若者を守りながら狩りをするイメージ。無力化された後も島人たちから裏切者として狙われ続ける)

シナリオ特別ルール

  • 全フォロワーを無力化した場合、モンスターの弱点が判明する。

(メインフェイズでフォロワーと絡んだ方が面白いシナリオになるようにしたいと考えているため)

導入タイプサンプル

 このネタでいくことに決めたら作成。

データ

モンスターの幸福

 このネタでいくことに決めたら作成。

その他

  • その島は昔、流刑島だったとも、自殺者が集まったとも言われ、周囲の島からは「心中島」と揶揄されている。
  • 実際は海流の影響か、周囲の島よりも良い漁場が形成されている。

仄かな伝奇っぽさと、出てくるNPCの面倒臭さで、いけるんじゃないかなぁと。どうだろう。もう少し考えよう。


追加



傍若無人な!

『ブレイド・オブ・アルカナ』「夢にみた凱旋」を遊んで

ブレイド・オブ・アルカナ』のGMを遊んできました。
シナリオは、アルバガルドさんの同人誌掲載シナリオ「夢にみた凱旋」です。
ikefukurou.sakura.ne.jp

今年初ブレカナです。
僕のTLでは最も熱いファンタジーTRPGのひとつ。
僕がGMをしたいから、面子を集めてセッションしたッ!(ヒャッハー


降らなかったけど。ハイデルランドには雪が似合う。
セッションの舞台は、東方竜滅騎士団領の開拓村。きっと冬は雪深いに違いなーい。



繰り返すうちに出来るようになるかも。



システムから設定や物語を妄想するの好き。



無根拠なポジティブさが長続きのコツではないかと(振り返らない顔で



類似パターンに、舞台裏で手札を交換してくれー!みたいな。




シナリオイベント奇跡に《天真》されそうな時は、《天真》するzeee

その他メモ


未来で誰かが、もしくは自分が、拾ってくれるかもしれない。



結局鬼滅未履修でした(よぼよぼ


『ブラッドムーン』「一輪の薔薇」を遊んで

『ブラッドムーン』のGM持ち回りオンセ第1話「一輪の薔薇」。
1/8 & 14に2夜5時間ぐらい。

参加者

GM:funeさん

 この集まりの発起人。豪腕にして出目は優しい。
 初回GMはPLの無茶振り総受けで大変そうだと思ったけど、よく考えたらそういうシステムだった。

アルバート・A・アバ―ライン/犬/クラブ/ARHMさん

 スコットランドヤード警部。二頭の愛犬、ホームズとワトソンを相棒に戦う。
 【群れ援護】サイコー(お世話になった顔で

オリバー・ヴァンデルガルデ/人間/火炎/ヴァンデルガルデ家/akiyuki

 ヴァンデルガルデ家に育成されたハンター。唯一の肉親の妹を扶養するために、己の有用性を示し続けなければならない。【着火】【猛火】でそこかしこを炎上させ続けている。

神呪夕間/半吸血鬼/刀剣/八角宗家/きなりさん

 霧の街に渡ってきたゆるい刀剣使い。実は半吸血鬼。中の人ははじめまして。
 一生懸命オリバーの幸福(妹)を守ってくれたが、私のことを兄と呼ぶことは許さない(呼んでない

セッション




 霧の街の連続殺人事件。
 屍に死を彩る薔薇。
 夜の街を闊歩する伯爵。
 伯爵に生み出された下僕。
 復讐に狂った狩人
 怪事件を追う記者。
 それらの欠片が物語を紡ぎ始める。


 ほんと久々でシステムの流れを手探りで確認しつつ。
 やっぱこのシステム好き。


 そして同じ面子で同じシステムで遊ぶので、次回はもっとクレバーに立ちまわれることでしょう。
 まずは生き残るために、2d6で5以上を出す特訓から!?

『トーキョー・ナイトメア』「トーキョー・フォールダウン」を遊んで

『トーキョー・ナイトメア』SSS第3弾「グローバルクライシス」よりシナリオ1「トーキョー・フォールダウン」を遊びました。
個人的には年始TRPG初めでした。
レコードシートに2020年と書いた時の何とも言えない摩訶不思議な高揚感ときたら!

セッション前



(固有名詞はブレカナだけど、内容はブレカナネタというわけではなく)。

キャスト

僕はキャスト2ニューロ枠。
"CLI猫"司茂邑白亜/フェイト、トーキー、ニューロ◎●

ハッキング実況動画配信者。
「今日はちょっとITセキュリティ会社のサーバーにハッキングをしてみたいと思いまーす」とかハッキング実況している。
チープシャツ[TNM2.p93](胸部にどてかいプリントがされたTシャツ)で会話するガール(「無罪潔白」とか「動かざること山の如し」とか)

ま、クイックスタートが「電脳世界の騎士」だったので、同系サポートでラクショーでしょと思っていたのですが。
《サポート》を使うためには対象に「部位:通信」の装備が必要。でも他キャスト3人のデータを見たら、皆持っていなーい。原始人たちめ!www
思わず、スマホは常備化経験点0だから。片手空いてる?とかお伺いを始める顛末があったり。

セッション

それから

  • RLがシナリオをタブレットに入れておくと、イラストを見せやすいからいいよねとか。
  • 最近PL3人のスーパーライトアクトばかり遊んでいたので、PL4人のフルボリュームのアクト感に戸惑ったり。*1
  • 最近手札フルオープンばかりで遊んでいたので、手札を隠すのが逆に新鮮だったり。
  • 折角ジョーカーを2枚引いたのに、間違って1枚捨てたり(これ文字ばっかりでジョーカーじゃないよね。はい引き直しーとかやってしまったw)。

シナリオオチ

 2つサプライズが仕込まれていて、僕は仕込通りに驚きました(回文風

  1. ちょ、おま、そのスタイル。アンチョコと違わね?www
  2. アクトルール。あ、これ《の印》みたいだー。

そしてシナリオ2へ続く!?

*1:シーン数、情報項目数、ゲスト数すべて

うどんブレカナ


実装

 基本的に力わざですが、他で流用する時に参考になるかもしれません。ならないかもしれません。
※やっぱり長かったので削除。本体html上に埋め込まれたJavascriptを直接参照してください。ページのソースを表示とかでいけます。

ゆく年くる年

TRPGメーター2019

 今年も遊びに遊んだ 2019総括。

OFF ON GM システム
14 3 11 3 トーキョー・ナイトメア
8 3 5 5 ダンジョンズ&ドラゴンズ
6 6 0 0 ソード・ワールド2.5
5 4 1 2 ブレイド・オブ・アルカナ
4 3 1 0 アリアンロッド2E
3 3 0 0 ラクルージュ
3 0 3 1 この素晴らしい世界に祝福を!TRPG
3 1 2 0 トーキョーN◎VA
2 0 2 0 フタリソウサ
2 0 2 0 スクリームハイスクール
1 1 0 1 インセイン
1 1 0 0 ブラックジャケット
1 1 0 0 シャドウラン5th
1 0 1 0 ブラッドパス

 オフラインセッション26(+3)回。オンラインセッション28(+4)回。計54(+7)回。
 GM回数は12(-3)回。オフ5(-4)回。オン7(+1)回。


 感触的には遊んでいる回数が減ってるかなと思ったら、オンオフともに増えてました。
 減った感触はGM回数が減ったからみたいです。


 その代わり、今年はライドオフのTNMと、ブレカナオンリーコンにGM参加をして、2本のシナリオを自作。
 オンセでもTNMの自作を1本作って遊んで、計3本を実際に遊ぶところまで書いたのは珍しいような気がします。

akiyuki3.hatenablog.com
akiyuki3.hatenablog.com
akiyuki3.hatenablog.com

 プレイしたシステムは14(+1)システム。
 継続的にサプリメントを購入しているシステム数よりは少ないけど、遊んだ数としては多い気がしています(
 まあ来年は月1システム計12個ぐらいまで絞りたいなぁと毎年思ってます。


 各システムを見ると

トーキョー・ナイトメア

 オン、オフ、RL、PL、身内、コンベ。今年もよく遊びました。
 これだけ遊んでもマンネリ感を感じず。こういう遊び方もあるか、ならこういう遊び方もありか、みたいな試行錯誤感が楽しく。


ダンジョンズ&ドラゴンズ

 ユドナリムで立体マップを意識したオンセは楽しかったなぁ。またやりたいです。
 それとは別ベクトルで、マップを使わないセッションもやってみたいなぁ。
 あと単発で楽しいセッションとか。

ソード・ワールド2.5

 まぁ、ソード・ワールドを遊んでいるというよりは、ヴァイスシティを遊んでいるというか。
 手間暇かけて作られた圧倒的なボリュームは、素人には手が届きづらい、まさにプロの仕事。

ブレイド・オブ・アルカナ

 オンリーコン主催の方が1人スタッフ兼GMという衝撃が忘れられない。
 そんな熱い情熱を見習って、来年も細々と遊んでいきたいです。
 僕のTLでは人気システム!(ポジティブ顔

アリアンロッド

 念願の『ロード・オブ・アビス』を遊べたので、今度はレジェンドガイドをやろうかなぁとかぼんやり。
 システムのクオリティは高く、遊べば楽しいのは確実なのですが。遊んでいると何かカッコいいとか、賢そうとか、モテそうとか、ご利益が必要か?

ラクルージュ

 来年はDR(GM)挑戦してみたいシステム。

この素晴らしい世界に祝福を!

 ゲームに興味がない相方様が、「絶叫ニンジン」のことだけはご興味を持たれたようです(

トーキョーN◎VA


フタリソウサ

 告白シーンをうまく活用できなかった心残り。
 でもシナリオ難しー。

スクリームハイスクール

 そろそろクライマックスをゲーム的に盛り上げる方法が確立された?

インセイン

 システムは恐怖に満ち、世界は恐怖に満ち、シナリオは恐怖に満ち、そして人間(GMとPL)が一番怖いwww

ブラックジャケット

 ソリッドなシステムで好きだけど、遊ぶ機会がなく。

シャドウラン5th

 独特の世界観、スタイリッシュがビジュアル。
 でもシステムを作った人は、「このルールを入れたらカッコ良くない?プレイアビリティとか整合性とか知らんけど」とかフィーリングの世界に生きているか、自身の影響力を行使することに躊躇がない人に違いない(勝手な妄想

ブラッドパス


キャンペーン継続中

2019買ったけど遊んでない新システム。

紅月のミンネザング、トワイライトハイスクール、新クトゥルフ神話TRPG
ぐらい?
今年は積みが少ない気がします(つまり買ってない

来年

 溢れる妄想を絞り込んで、具現化するまで力尽きない体力を蓄えつつ、一緒に遊んでくれる人を誘ったり、誘われたり(ここ重要)して、楽しく遊んでいければと思っています。
 志は高く、腰は低く。くっ、納まれ、オレの老害風。

それではよいお年を!