読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダブルクロス』「The Dark Knight Falling」を遊んで

ダブルクロス(DX3)』のサプリメント「レネゲイドウォー」掲載のキャンペーンシナリオ「Renegade War:Outbreak of War」の第3話(全3話)。

面子

  • GM:”ダイスが1個になってからよく回る”しょーじさん
  • PC1:”不確定の切り札(ワイルドカード)”→”パラディン”結城ハルト/キュマイラピュア/akiyuki
  • PC2:”インフィニティゴッド”神代無限/モルフェウス・ブラックドッグ/アンドーさん
  • PC3:”サイドキック”異護院将鬼/ブラムストーカー・エグザイル/せいじゅうろうさん
  • PC4:”ゲームマスター”神宮寺要/オルクス・ソラリス/かなやんさん

前回まで

成長

 高レベル環境でサンプルキャラクターで2度遊び、PC1のサンプルはとても使いやすく、それなりに強いけど、防御はリソースを突っ込んでいるほどには効果的に機能しないかなと思うに至りました。


 とはいえ。強力な援護キャラはいるし、ダメージディーラーも範囲アタッカーもいるので、まぁ防御専キャラにリビルドするよりは、キャラを立てる方向でと、ゆとりマインドの成長を考えてみました。


■成長計画
折角だから新サプリのカンパニーを作ってみるよー。


●カンパニー名:Hero Alliance ※シナリオ1のDevil's Allianceに対抗
複合使途:3exp(取得財産P+2。スロット+1)
ごく小規模:2exp(スロット2)
コンピュータルーム:2exp(チーム所属PCの情報収集判定達成値+2)
広報メディア対策室:3exp(チーム所属PCの【社会】を使用した判定ダイス+1D)
シークレットガジェット:20exp(チーム所属PCはシナリオ1回、判定の直前にオートアクションで使用できる。その判定のダイスに+3個する。この効果は、宣言した本人にのみ適用される。)


僕が経験点を払ったから、僕がリーダーだと主張w
チームメンバーをひろくPCに求めます。
他PCは、「チームに入るよ!」と宣言するだけで、「チーム所属PC」の効果が得られるはず。


いなくなったパラディンの穴を埋めるべく、空回り気味に奮闘していることの演出も含んだ感じで。

と考えていたら、当日ダメージディーラーが病欠。一体どうするの!?www

セッション


カンパニー

 データ的には、パーティの情報収集を強化しつつ。
 後継者として空回りするハルトと、それを認めない異護院のカンパニーに加入しない(クライマックスで加入する予定)のロールプレイは、いい年したおじさんたちのキャッキャうふふの空間を展開して、とても余人に見せられるものではないのですが、だがそれがとても楽しく(末期症状

回想シーン

 クライマックス。最近はあまり見ない、キーワード脳内当て展開。
 しかし我々は必要なキーワードに自信が持てず。


GM「これまでのセッションにキーワードは全部出てるよ」
僕ら「細かく覚えてないなー(ぼんくら顔)」
僕ら「強く当たって、あとは流れでいくか…」
GM「じゃあ以前にシーンのおさらいする?」
僕ら「するする。総集編というか、回想シーンというか」
GM「じゃあ。どのシナリオのどのシーン?」
僕ら「前のシナリオも!?」
GM「あと回想シーンやるなら侵食率あげてね」
僕ら「侵食率!!?」


 ……ええっと。結局4シーンぐらいやりましたw*1

 堅かった。強かった。全力4ラウンド。
 もっとえげつなく、さっくり、ガッツリしたデータを作れるようになりたい。そう思った夜。

侵食率

 レコードシートに2列目(160%以上)があるのが飾りではないことを知り、そしてEロイスたっぷりと、ヒーローズクロスがあれば、結構1倍振りでも還ってこれるという現実。この感覚で他ステージを遊ぶと危ない予感。



 高経験点がっつりヘビーデータセッションでしたが、たまに遊ぶとやっぱこーゆーのも楽しく。
 満足満足のキャンペーンでした。
 そして次なるセッションの世界へ………。





 

*1:5/28追記。シナリオを読んで答え合わせをしてみた。我々は考えすぎていた。難しく考えすぎていたのだだだだ

『ブレイド・オブ・アルカナ』「罪の街」、もしくは「くっ殺女騎士を愛でる会」を遊んで

久々のブレカナ。『クラウン・オブ・イビル』付属の「罪の街」*1を遊びました。
面子はGMしょーじさん。
PLは、チャクラ厨さん、梔子薫さん、あるばさん、akiyuki。
GM以外は初めましての新鮮な面子です。


1つのゲームをベースに、初対面の方と、どこまで切り込んだり切り込まれたりするか距離感を図る緊張感。こーゆーのがあるからTRPGは楽しいと思うのです。


セッションの方は、

他の人がキレイにまとめてくれている!*2


独特の世界感。
円熟のシステム*3


それでもリインカーネイションになって遊ぶ回数が減ったのは、キャンペーンシナリオが出てないからじゃない!?とか八つ当たり気味に思ったりしたのでした*4


とにかく。久々に遊んでやっぱブレカナ楽しーので。
とりあえず一回世界をリセットして、情報量も少なくなっているから、一度がっつり読み込んでみようと思ったのでした。


ところで人造聖痕とか何よ!?*5

2017/5/14追記

あれ?ボクこのシナリオを別面子で遊ぶ予定が入ってたぞ。しかもPL。
また「罪の街」?はははは。おぬしも好きよのう状態。
ヤバイ。今回のセッションのイメージが強すぎて、どの枠でも今回のPCコピペロールプレイになっちゃうかも*6とか危惧していたら、PC5枠になりました。よかった今回いなかった枠だから新鮮な気持ちで、くっ殺女騎士を愛でる会を楽しめるw*7

*1:公式NPCのアレクシアがくっ殺するシナリオ

*2:こんな風に簡潔で内容が凝縮された文章を書けたらいいなーとか思ったり

*3:リインカーネイションになって、あまりクリティカルゲーでなくなったところ、リアクションがダイス運で希望を持てるようになったところとか好き

*4:シナリオ作らないオトコ

*5:サプリを買ったけどデータしか読んでなかった

*6:特にPC4枠のくっ殺女騎士とその従者のパーフェクトコンビネーション

*7:後半のツナギはどーしようの顔で

『シノビガミ』幕末編「人斬り刀始末」を遊んで

久々の『シノビガミ』。久々のオンラインセッション。
そしてセッティングは幕末編。いがさん(@igadani)作成のオリジナル設定&ルールを使って遊びました。

面子

  • GM:@igadani さん
  • PC1:薩摩藩の人斬り。久兵衛(@Dontkinderさん)。
  • PC2:土佐藩でPC1の同志。閑丸(@myumikamiさん)。
  • PC3:朝廷所属の姉小路に仕えるもの。千代丸(@namikazetatsukiさん)
  • PC4:幕府の犬。根津欽次郎(@akiyuki)

そして始まる、姉小路公知暗殺と人斬りの物語。

第1夜:5/12:3時間ぐらい


第2夜:5/20:2時間未満


幕末ルール

  • 所属(薩摩とか土佐とか新撰組とか)
  • 思想(尊王とか攘夷とか開国とか倒幕とか)
  • テロル(いろんなタイミングで発生する思想弾圧!(判定。失敗するとダメージ)
  • 幕末専用忍法
  • 幕末専用背景
  • 幕末シーン表

 ガッツリつくられていて、幕末っぽく遊べます。
 詳細は夏コミで発表されるとかされないとか!?(マジ要チェックやー

セッション

 特殊型2サイクル。
 いろいろな不幸(笑)が重なり、PC同士で血で血を洗う争い。
 そしてボクは、ボクは……また勝てなかった!w
 ボクは【本当の使命】は達成できなかったし、セッション内ではシナリオの全容は明らかにならなかったけど。それでもドラマチックでオンリーワンの展開で、満足度の高いセッションとなりました。
 あー、ひと手番足りなかったな、ぐらいが絶妙な感じ。


 そして(おそらくGMも)どーなるか先が分からないセッション展開と、独特の疑心暗鬼感、信条を貫くロールプレイから生まれる緊張感。予定調和したくても望めないw シノビガミっぽさ?を満喫しました。楽しかった!

『デッドラインヒーローズ』「12時間」を遊んで

デッドラインヒーローズRPG


 アフター子供の日+1。新作ヒーローTRPG『デッドラインヒーローズRPG』を遊びました。
 シナリオは付属の「12時間」。

準備



 マーベルヒーローとして、ユーフォリア(ローラ)、ストンプ(渡辺直美)をデザインするという。なんだこれ。すげー。


 それはさておき。

面子

GM akiyuki。
PLは、

PC1:”セカンド・ザ・コールド”宍戸流星/ミスティック/tosiさん

 PC3(マスター・ファイアーボール)を召喚した魔法使い。すっかりPC3を神として崇拝している(もしくは使い減りのしない盾としている)。世間的なヒーローとしての認知度は低く、神(PC3)が活躍する画面に見切れて写っている知る人ぞ知るヒーロー。

PC2:”ダンシング・コヨーテ”たかしの母ちゃん/ジャスティカ/漆妖さん

 高校生の子供と新宿に買い物に出かける主婦。実は引退した二丁拳銃使いのヒーロー。かつて神(PC3)とともに世界を救ったこともある。

PC3:”マスター・ファイアーボール”/ハービンジャー/アンドーさん

 異世界からやってきた神的炎使い。PC1に召喚された、大戦略好き。シーンへは天井を壊して空から降りてくるか、天井を壊して空へと去っていく。

セッション

*1


 GMは初プレイ。PLもルール未所持者含むから、世界説明から始めて、ゆっくりキャラクター作成。セッションはたっぷり演出を挟んで、休憩も多めにとって、5時間はかかってないぐらい。


 システムは軽く。しかしさまざまなヒーロー能力を設定する表現力は低くなく、ランダム性はやや高めでドキドキワクワクしつつ、決して単調ではなくリソース消費の判断は求められる。シナリオによるGMからPCへの問いかけ「クエリー」と、PLによる自主的な自己演出「リマーク」で、ロールプレイをしたい人はチャンスを確保しつつ、したくない人はしなくても進行する。 思い切って PL3人に絞ったり、対抗判定を減らすことによって、セッションのスピード感を保つ。心地よい最新のシステム感。


 特に設定されたヴィランは魅力的で、全ての組織のボスと幹部がデータ化されていて、作り立てのヒーローが倒せるあたりも魅力です。なおPCが成長したら、同じぐらいの成長点でヴィランを成長させろというクレバーデザイン。


 このテーマが好きな人なら遊ぶしかないッショ!!

*1:特にBOSSのパワーには、”心に蛇を飼う人”として(一部に)名をはせたブラフさんの笑顔が視えたような気がしたw

ドラクルージュオンリーコンに参加して

『常夜国騎士譚RPGドラクルージュ』を遊んでみたくて、オンリーコンに参加してきました。
常夜国騎士譚RPGドラクルージュ オンリーコン! | TRPGぷれいすのページ
場所は本厚木!

『常夜国騎士譚RPGドラクルージュ』とは

p.144

 本作は、太陽が失われ、魔性の存在たちが大手を振って地上を跳梁する世界となった世界――「常夜国」を舞台に、不死の貴族たる「騎士」たちの物語を描くTRPGである。
 常につきまとう堕落の影に抗いながら、強く、気高く、美しき生き様の範を垂れる――それが常夜国の騎士なのだ。

裏表紙

 名声よ 武勲よ 勝利よ 優雅よ 情熱よ 堕落よ
 全て全て、永遠なる夜に刻まれると知れ!

分かる?分からない??
とにかくカッコいい。

システム





ファッション



セッションシート



セッション

シナリオは「誰が殺すかパタリール」

GM名:ムックさん
■ シナリオタイトル:誰が殺すかパタリール

TRPG初心者対応:大歓迎!(ドンと来い♪)

■ ドラクルージュ初心者対応:大歓迎!(ドンと来い♪)

■ キャラクター作成方法:
当日作成。基本ルルブ、ヘレティカノワールの一部使用可能。
慣れてない方、初めての方はサンプルキャラクターを推奨します。

■ 対応人数:3~4

■ シナリオの概要:
ここはパタリール・ド・マリオネール・フォン・ドラクを領主とする土地『パタリル』。
パタリール卿はその愛くるしい姿と近衛騎士の手腕の高さから民からの人気も高い。
しかし、パタリール卿には民たちには見せない驚くべき正体があった……。
そして、パタリール卿に迫りくる不穏な堕落者の足跡。
様々な理由で現在この地に留まっている騎士達はパタリール卿をその魔の手から救い出し、守りきることができるだろうか?
今ここに常夜国での喜劇が幕を開ける!

■ その他PR等:
今回は明るいシナリオを目指してみます。
耽美な笑い?を目指していきましょう(笑

DRは@muckn1985 さん。
PLは、

PC1:”冷甘卿”セシリア・ドラヴィダ・フォン・ドラク/ドラク領主(akiyuki)

 誇り高き串刺し(峰刺し)使い。優等生的な領主だが民の人気はない。民の人心を掴んでいる”黄金卿”パタリール・ド・マリオネール・フォン・ドラク(NPC)をリスペクトしているという立ち位置。

PC2:”黒鉄卿”オード/ノスフェラス僧正(@miku_fez さん)

 ”黄金卿”の右腕”美狼卿”ジャック・バンコラン・ヘルズガルトの旧友。台詞の一言一言が渋く、重く、そして悪役っぽいw

PC3:”猛炎卿”アレクサンドラ/ゲイズヴァルド賢者(@oborosyuosu さん)

 虐げられている民マライヒに慈悲をすがられる元将軍(という設定の)賢者。その姿は猛々しくも美麗、データはゴリラw

PC4:”不動卿”エリオット/ローゼンブルク遍歴(@barleyteapack さん)

 同胞や民を守ることに信念を注ぐ盾持ち。双眸は自ら?傷つき、瞼開くこと叶わぬも、薔薇の香りが目の代わりとなる、流れるような中2(尊敬語)。

 ドラクルージュ初プレイは僕のみ。皆ベテラン風でマフラーを棚引かすw というか @oborosyuosu さんは、10回以上とかでホントすっごーい。


 あとコンベンション的ジャブ会話として、TRPGプレイ歴とかの話になったのですが。僕以外の3人は1,2年ぐらいという流れ。そんな時僕は何て言えばいいんだ!教えてくれ!www

  • A:「えーと沢山遊んで忘れるぐらい」
  • B:「おまえらが3人束でかかってきても負けないぐらい」
  • C:「(一番若そうな人を捕まえて)きみが生まれた頃からかな」

 僕の答えはもちろん A! 誰だってそーする。皆そーする(よね?)


 セッションは滞りなく。それっぽくカッコよく、キレイに展開して、皆さんにシステムの回しどころを教えてもらったり、自分のシーン演出希望に協力してもらったり、いつもの身内面子とは異なる新鮮な緊張感のもとで、とても楽しく遊びました。


 なお参加者は元ネタのパタリロを知らない人の方が多かったような印象だったことをここに記しておきますw(僕はアニメを見てた


 あと1回遊んだことにより、帰り道にルールブックを読み直してみたところ、「読める、わたしにも読めるぞ」状態に突入。いままで頭に入らなかったのが嘘のようになり、自分の読解力が心配になりました。


 それはさておき。システムはかなり好きなので、また遊ぶ機会をずずいと積極的に探したい所存。
(なおドラクルージュオンリーは2018/2/25開催予定とのこと)

『ロストロイヤル』「惜別の茜」を遊んで

 『ロストロイヤル』のキャンペーン第3回目のセッション。
 Roll&Roll vol.147掲載のシナリオ。前回のシナリオでどちらの命題を選んだかによって、「暁にほほえむ」か「惜別の茜」かのいずれかにシナリオ分岐するという豪華シナリオです。今回は「惜別の茜」ルートに入りました。

前日



あと。


宣言ハンドアウト

 シナリオは、『アバタールハイ』未対応なので、それっぽく修正チャレンジ。

命題A:「マフラーを渡すべきか?」

理由A-1:アリナムもまた正王国だ。マフラーは、不仲を極める新王国との懸け橋に繋がるだろう。
理由A-2:主君には行動せずに後悔しないでほしい。……例えば自分のように。

# 正王国=大陸から続く旧くからある国々。新王国=ログレス島に渡ってから建国された国々。主君の国アヴァロンは新王国。

命題B:「マフラーを渡さぬべきか?」

理由B-1:主君には他に相応しい者がいる。それは……。
理由B-2:平和な時代、不思議な縁でニアスリーテに誓ったことがある。お困りの時は必ずお助けする、と。

# 命題の理由については、PLが独自に盛っても構いません。

イベント

主君の誕生日

 分岐フェイズで【時間】を1点使うことで[誕生祝い]を行なう。難易度3の行為判定。成功した場合は、達成値と同じだけ自身の【理想像】の[影響値]を増やす。加えて【特殊能力】の修得上限が3つに変更され、即座に1つ獲得することができます。獲得はキャラクター作成と同じくランダムで行われます。

特性】(シナリオ舞台の特徴) 『アバタールハイ』p.217

  • 明光:とても美しい。主君は【儀式点】を2点獲得。
  • 獣の影:魔族による獣の気配が色濃い。魔群の【特殊部隊】が1つ増える。

+1つ(勲章点による追加があれば)

イベント(対話2回)

Aが優勢

 ニアスリーテ(婚約者)と会話して、行動規範が国のためでありつつも、同時に王子への恋心、未練を秘めていることを明らかにする。
 主君が王子に想いを伝えづらくするためのイベント。

Bが優勢

 王子が主君や村人と共に歩みたいという思いを胸に持ちつつも、自らの責任からは逃れることは出来ないと心中を吐露する。
 主君と王子の2人に後悔しないでほしいとプッシュするためのイベント。

実際はAのイベントをプレイ。
他の番外シーンで、Bのイベントっぽいことが出来たので丁度よかったかな。

戦闘

 シナリオ1の敵はロスト。シナリオ2ではシナリオ1の恋人を作ったけどロスト。
 キャンペーンのライバル的な敵を作りたいのに、毎回倒されてしまう。
 そこで今回は(魔王の)分身にしてみましたよ。これで勝つる!


 設定は、

  • かつては英雄王に絶大な信頼をされていた騎士だったが、英雄王セヴァンの妻グレイローザ(主君の母)に恋慕して、城の地下牢に繋がれていた。
  • 城が襲われた時から放置されていた。
  • 妻とどのような関係があったか否かは不明。

 騎士物語でありそなやつです。

アクション表:魔王の双剣ジェノア(てごわい・分身)

1d6 内容 罪の果実
1 ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん けだものの賛歌
2 ギリギリまで、追いつめてやんねーと、命も輝きゃしない 乱戦殺法
3 自由は獲得しなければならないものであって、無償に与えられるものではない 焼きごて
4 私情の何がいけない。俗物だと呼んでもらって構わない
5 大切なのは命をかけることではなく、命をかける何かだ。分かるか?分からないか?
6 自分で選んだ道だ。他人の目なんで関係ない

(ビジュアルイメージを、エウレカセブンのチャールズで脳内設定したら、とにかくエウレカ台詞を言いたくなった病)


 土地の効果で特殊部隊を2種類。オウガで【狂気】を稼ぎ、ダイアウルフが【狂気】を使って、血路支配するというコンボ。武闘派追撃部隊のイメージに合致してるかと。


 なお久しぶりに遊んだらルール間違えて、包囲がなくなっていないのに、魔群の血路を削ってしまったから、超楽勝で終わってしましましたよ。途中であるぇー?おかしいなぁー??とは気づいたんですがね!!!w
 とりあえず魔将(分身)は生き残ったので、次回も使えるよ。

主君反応表

 今回のVIPはデップー。
 当初「食べている」→「(シーンプレイヤーに)甘える」で、萌え要素を全面に押し出す予定だったのですが。ものすごい悩んだあげくGM物言いで「(シーンプレイヤーに)意見を聞く」に変えさせてもらいました。(当初「意見を聞く」も変更アイデア候補にあった)。意図としては、GM的にはキャンペーン後半戦に入るにあたり、どんどんしっかりして王としての自覚が身についていく成長みたいなのをイメージしていたので、「甘える」は難しいかなーと考えたのです。でもVIPの権利を侵害してるので申し訳ない気持ちもあり、難しいところだなー。うーんうーんといった塩梅。

乱世度一覧表

 次のシナリオの開始時に、【仲間】が1人減り、戦死あるいは生存の見込みの薄い行方不明となり、ゲームから除外されます。過酷です。
 そして「乱世度は、特別な効果によって変化することがあります」とありますが、特別な効果というのが今回見つからなかったので、セッションの展開として、【仲間】の1人が、王子について行って、主君とは道を分かつという展開にしてみました。
 今のところは、何らかの判定結果等なしで【仲間】をロストさせるのは厳しいかなとか思っちゃったりしたわけで。次回はもうちょっと考えてみるかもみないかも。

その他

 システム的に、主君と騎士は命題について話をして、騎士と騎士は決闘をしがちw
 それはそれでいいんですが、システムがカッチリしているが故に他の会話をする機会をややオミットしているような気があり。なんか命題とは関係ありそうでない会話を促進する仕掛けを作れないか思案中。

次回シナリオ

 今まではR&R掲載のシナリオを追ってきたのですが、キャンペーン終盤に際し、国を取り戻す決戦シナリオまでは、今までの流れを汲んで、ようやっと自作ルートに突入予定です。

AT-AT & AT-ST


(前に作りかけで放置したらAT-ATの墓場みたいになるじゃないかという話をしていたw)

例によってナンチャッテウェザリングとつや消しクリア―するだけでグッとよくなるんじゃないかなーかなー。

広告を非表示にする