『ドラクルージュ』「恋い渡る者に捧ぐ終曲」を遊んで

今年のオフセッション初め。
ドラクルージュオンリーコン#3に参加して遊んできました。

1システム10卓ですよ、10卓。
募集サイトをみた時、主催者無茶しすぎじゃね?とか思っていたのですが、全卓立卓してますよ。
すごい。今日の本厚木は常夜国!(意味不明


*1

参加者

DR:名掛さん

 TRPGを初めて半年で、ドラクルージュが好きで、オンリーコンでDR。
 しかも丁寧に場所や設定を拾って夢詰め込んだシナリオ。ルールもデータもきっちり把握。サマリや小物の準備も半端なく*2。誰がこんなTRPGモンスターを育ててしまったのか!?w


PC1:”紅珠卿”ユヴァン・レベルド・フォン・アヴァローム/いむさん

 アヴァロームの賢者。ストーリア*3は「恋を紡ぐは筆」。システム唯一の「物語具現化」使いの大作家先生。恋愛を書くが、恋愛に聡くない感じとか潤う。

PC2:”時つ風卿”イヴァン・マグスティア・フォン・ダストハイム*4/akiyuki

 ダストハイムの船長。ストーリアは「新天地へ」。東の海の果てを目指す船長。もう船長は、船長という立場だけで、海の上だろうが、陸の上だろうが、無条件にカッコイイからズルくて楽しいですよね。ウェーイ*5

PC3:”城塞”レオニス/Drリーさん

 エナメルム*6の魔女。ストーリアは「おぞましき運命」で異相をたくさん持ってる。どのぐらいかというと外見デンドロビウムみたいになっちゃうぐらいの異形。異端審問から逃亡して、外の世界に憧れる。

PC4:ニャルラトホテプ/シグナルさん

 グリマルキン*7の剣士。ストーリアは「異端の守り手」。人として生を終えたカレシを失い、悲嘆の末、ふて寝して目が覚めたら、常夜国にいたというニャル子さん

セッション




  • ストーリアあり、秘密ありのセッションを初プレイ
  • ストーリーは騎士と異端(フリッガ*8)の道ならぬ恋の物語。
  • そこに異端審問官や大魔女の手のものが現れ、PC4人、主要NPC4人の濃い物語に。
  • そして渇き、潤い、物語の幕は閉じ。
  • やっぱりドラクルージュ楽しいね!

その他



メモ

  • あとストーリア面白かったのでちゃんと読もうと思いました(積

次回

*1:32Kは宇宙で卿が卿が言いながら艦隊戦するセッションだったらしい

*2:自身もそれなりに準備するタイプだと自負していただけにショックを受けつつ

*3:特殊因果律みたいなの

*4:ごめん。自己紹介が始まってから名前の語感が被っていることに気づいた

*5:グラブっちゃう?(よく知らない)

*6:機械人形

*7:ねこ

*8:蜘蛛女

『アリアンロッド』「奪われた人形」を遊んで

今年初TRPG。オンセです。
システムは久々の『アリアンロッド』です。
シナリオはSSS1より「奪われた人形」。
セッション時間は3時間半ぐらい。

参加者

 twitterの募集に応募して、はじめましてな方々と一緒に遊びました。

GM:クレナイさん

 #TRPGタグで、さまざまなシステムで精力的に卓を立ててるGMさん。さくさくスムーズなセッション進行の匠の業が光りました。

ウォーリア枠:シリウス:ベスティア(カニス)/ウォーリア/モンク:akiyuki

 というわけでイヌ。結構頑張って組んでやっとサンプルの「剣の冒険者」や「舞い降りた武神」にギリギリ肩を並べられるぐらいのデータで、はじめましての方々と卓を囲むキャラじゃないかとも思うも、でもイヌの出オチ感も捨てがたく。多少のデータの不利は出目でカバーすればいいじゃんよ!
 で、実際に遊んでみたら、データよりも出目の方がヒドく。クリティカル狙いで何回か命中にフェイト入れて、クリティカルが出ないどころか、ボスに回避されたもんなー。ははは。

アコライト枠:アースクェイク・ガラシャアーシアン(転生)/アコライト/アルケミスト:凪さん

 エリンに転生してきた、マスケット銃使いのアコライト。結果的にギルドで一番エリンディルに馴染みがあることになったギルドマスター。MPポーション8本とか、バックパックで携帯可能重量を上げたり、見習うべき手堅さ。

メイジ枠:カズハ:ヒューリン/メイジ/バード:SSKKさん

 エリンディルを旅する、ダイワ名家の姫。異世界人のシリウスを道中で拾ってもらったり。《バスカー》で初期所持金を増やして、伝承武器を獲得。幸運4でクライマックスに範囲フェイト4点乗せ等、アリアン玄人っぷりが印象的。機会があったら別のところでマネしようw

シーフ枠:南部新十郎:アーシアン(召喚)/シーフ/ガンスリンガー:神北伸之さん

 エリンに召喚されてきた生粋の現代人。サバイバルキットでトラップ探知して、キャリバーでワイドアタックする高校生。このようなスキルを高校生が修得する、現代とは修羅の国か、もしくは荒廃した近現代か!?w


セッション

 シナリオの枠として1人はアーシアンがいた方が望ましいという流れから、結果的にそもそも生粋のエリンディル人がいないというオチ。ベスティア(異世界)、ダイワ(東方)、アーシアン(召喚)で、アーシアン(召喚)が一番エリンディルに馴染んでいるというごった煮感。アリアン改訂版以降ならでは!。



 扉から5歩のところに目印があると言われて、判定に成功したのが南部さんだけだったので、イヌの5歩や姫の5歩とかとは距離がちがうんだよという話題。


 我々のギルド名「ムーンファング」と、ボスの名前がちょっと被ってたので。


 シナリオは、ちょっとネタがひねられた、シンプルなダンジョンアタック。なんか懐かしい。
 キャラを立てたり、掛け合いしながらで、セッションが自分達のものになっていく感触は楽しく。


 去年 D&DやAFFを遊んでいるのだけど、それとも違った感触で。セッション進行やルールで悩むところがなく*1、さくさくスムーズに進行する感覚とか。これでもかって物量の『パーフェクト・スキルガイド』と『パーフェクト・アイテムガイド』による表現力とか。久々に遊ぶと、痒い所に手が届く、いいシステムだなぁと改めて感じました。


 フリーキャンペーンということなので、次話「奇妙な来訪者」にも是非参加できるよう虎視眈々とタイミングを見計らっていきたいと思います。楽しかった!

*1:いい意味(ルール運用つっかかるとこがない)でも、わるい意味(思いつきアイデアによる冴えた解決とかはあまりないので考えない)でも

ゆく年くる年

TRPGメーター2018

 今年も遊びに遊んだ 2018総括。

OFF ON GM システム
12 7 5 6 トーキョー・ナイトメア
6 1 5 1 ブレイド・オブ・アルカナ
6 6 0 5 ダンジョンズ&ドラゴンズ
6 0 6 0 アドバンスト・ファイティング・ファンタジー
4 2 2 1 トーキョーN◎VA
3 0 3 0 ヴァンパイア:ザ・マスカレード
2 1 1 0 ラクルージュ
2 2 0 1 デッドラインヒーローズ
2 2 0 0 マギカロギア
1 1 0 0 インセイン
1 1 0 0 MARVELヒロイックRPG
1 1 0 0 獸ノ森
1 0 1 1 リミットボール

 オフラインセッション23(-15)回。オンラインセッション24(+13)回。計47(-2)回。
 GM回数は15(-1)回。オフ9(-2)回。オン6(+1)回。


 オフが減って、オンが増えて、トントン
 月2回ぐらいを目途に、3回に1回はGMぐらいというバランスを目標にして、完璧なコントロール。結果的にですがw


 またいろいろな方に誘っていただいたり誘ったり。たくさんの方と遊ばせていただきました。
 僕みたいなコミュ障でも、TRPGというツールを媒介して、いろいろな方とお会いして、楽しく遊べているのは、とてもとても幸せなことです。また来年も誘ったり誘われたりしたいものです。


 あと個人的には2018年は、N◎VAの「Chain up!」を遊んだり、少人数用シナリオやシステムが出版されたりで、少人数プレイへの抵抗がブレイクスルーされた感があります。良い点もあり、悪い点もありつつも、少人数プレイは拡大、定着していくんだろうなーみたいな。


 自作シナリオで遊んだのは『トーキョー・ナイトメア』2本。
 来年はもうちょっと書いてみたいようなそうでないような。シナリオを完成までもっていくモチベーションを維持するのが下手なので、基本的に公式や同人に頼る日々になりそうです。


 プレイしたシステムは13(-8)システム。
 今年はシステムを絞って遊ぼうと考えていたので、減るには減ったのですが、それでも月1システム相当なので、少なくはないかなぁ。
 各システムを見ると

トーキョー・ナイトメア

 オン、オフ、RL、PL、身内、コンベ。とにかく一年よく遊びました。
 個人的にはダスク・エイジに懐の広さ(ゆるさ)を感じていたり*1、あとシステムのバランス調整によって、PC枠に投入できるキャストの自由度が上がっている印象があり*2、とても遊びやすいです。
 目新しさはないかもなのですが、プレイノウハウの蓄積の集大成といった感じで。

ブレイド・オブ・アルカナ

 かっこいいストーリーやロールプレイを楽しむファンタジーゲームとして。
 ダンジョンハックしない、ストーリー系ってレア感ありません?
 そしてリインカネーションのダイスゲームとしてのバランスがとてもいいことも魅力です。

ダンジョンズ&ドラゴンズ

 皆が絶賛するスタートボックスってどんなもん?という興味から。
 楽しかったけど、大変だったよ。肉喰ってる種族が遊ぶカロリー消費が大きいゲーム。来年も遊ぶよー。

アドバンスト・ファイティング・ファンタジー

 ノスタルジーだけではなく。軽さで自由度を稼ぐ、ゆるいけど懐が広いゲーム。もうちょっと遊んでみたいなー。

トーキョーN◎VA

  SSS『神は天にあり、世はすべて事もなし』を遊んで。あとはナイトメアとルールが脳内でごっちゃになるのが嫌でちょっとお休み状態。

ヴァンパイア:ザ・マスカレード

 もしやまた遊ぶことになるとは。でも忍ばないノスフェラトゥを好きにやらせてもらったり。ダイスボットを作ったり。なんやかんやで楽しんでたのかも。

ラクルージュ

 オンリーコン頼みでプレイ機会を確保。世界もシステムも好きなんだけど。来年の年明け1本目の予定(オンリーコン)。

デッドラインヒーローズ

 期間限定公開シナリオ『獄門街の落日』をPL、GMの計2回で遊びつくす。

マギカロギア

 システムが重いので、自分がルールの説明をしなくていい環境で遊びたいw

インセイン

 カジュアルに対立(対立に近い特殊)で負けても楽しい(ぐぎぎg

MARVELヒロイックRPG

 一度遊んで、ミニリプレイを書いてみたり。消化不良なのでいつかなんとかしたいと思いつつ時は過ぎ。

獸ノ森

 パーティゲームのようであり、ダイスゲームのようであり、でも救いがないというかアイロニックで。どこに焦点をあてて楽しむのか難しいなー。

リミットボール

 GMしたので今度はPLしたーい。

キャンペーン

キャンペーン終了

オフセッション
オンラインセッション

ブレカナのストーリーもキャラも連続性がない、GM持ち回りという遊び方は新鮮だったなぁ。
同じ面子で継続して遊ぶことに重きを置いているところとか。

キャンペーン継続中

2018買ったけど遊んでない新システム。

SW2.5, SR5, V5, King is Dead, Stellar Adventures, Torg Eternity

来年

  • オフラインは、ダンジョンズ&ドラゴンズのビッグなキャンペーンが入っているので、それを中心に。
  • あと自分がGMするキャンペーンをオンでもオフでもいいので1本いれたい。(でもやりたいことが多くて絞るのが大変w)。*3
  • あとちょっと長めに継続するオンラインのセッションに参加できたらなぁと漠然と考えています。

それではよいお年を!

*1:勝手にシナリオ毎のステージ制だと思っている

*2:神業調整がゆるくなった

*3:ナイトメアのオリジナル、マーベルのウォッチャー、SR5の1on1、D&DのDM、DX3、AR2E

『トーキョー・ナイトメア』シナリオ(メモ)「明日に向かって描け」

 本当は年内(コミケ前)に勢いよくバァーっと書いて、バァーっと遊んでしまう予定だったのですが。ダラダラしてたら、タイミングを逸してしまった感もあり。こういうの勢いって大事だなーとかもいつつ。メモ書きを書き残しておきます。ご笑覧いただければ幸いです。

シナリオスペック

  • 少人数短時間オンセ。
  • 戦闘なし、FS判定2回。
  • 必要な防御系神業0個。
  • ロスト保護。
  • オープニングで1人1個、何らかの神業を使用する。

トレーラー

淀んだ空気が周囲に漂う。
無秩序に散らかったデスクの上を、
真っ赤に充血した目が踊る。


命を吹き込め。
線の1本1本に。
セリフの1文字1文字に。


魂を燃やせ。
この原稿が完成するまで。
いや読者の元に届くまで。


トーキョー・ナイトメア
「明日に向かって描け」
夜が来て、悪夢が始まる。

ハンドアウト

キャスト1

コネ:未来の読者/スート:理性
推奨スタイル:カブキ
サンプル:ロックンローラー

 キミはプロの漫画家だ。国民的人気週刊雑誌に連載を持っていた。既に連載は終了しているが、新連載の準備を進めている。一度は完成したアイデアは悪くはないが、最高ではない。新たなアイデアが浮かんでは消え、時間はただ空回りする。落ち着け。自分を信じろ。まだ時間はある。焦らずに最高の原稿を目指すのだ。

PS:最高の原稿を完成する。


*終了した連載の内容や評判は、プレイヤーが自由に設定してください。
*オープニングでは、新連載の枠を取るために何らかの神業の使用が要求されます。

キャスト2

コネ:親/スート:生命
推奨スタイル:特になし
サンプル:電脳騎士

 キミはプロの漫画家の卵だ。今はキャスト1先生のアシスタントをしている。だが夢は大きく、志は高く、いつか独り立ちする日を夢見ている。そんな折、実家から連絡が入った。「もう充分夢は見ただろう。そろそろ帰ってきて、家業を継いでくれ」 しかし今、先生の新連載立ち上げを投げ出すわけにはいかない。ここで逃げちゃダメなんだ。

PS:漫画家になる夢を諦めない。


*実家は地方在住の資産家という設定です。詳細はプレイヤーが自由に設定してください。
*オープニングではアシスタントを続けるために何らかの神業の使用が要求されます。

キャスト3

コネ:田中トシオ/スート:外界
推奨スタイル:特になし
サンプル:事件記者

 キミはプロの編集者だ。これまで多くの作家と二人三脚で作品を作ってきた。大変だがやりがいのある仕事だ。今日もとある原稿の締め切りとギリギリの戦いをしてきたばかりだ。そこに、息つく暇もなく、編集長から連絡が入る。同僚編集者の田中トシオが倒れ、入院して連絡が取れない。穴を開けないため急遽キャスト1先生の担当をしろという指示だった。

PS:新連載を掲載する


*現在担当している作家と掛け持ちになります。現在担当作家の詳細はプレイヤーが自由に設定してください。
*オープニングでは現在担当作家の原稿を締め切りに間に合わすために神業の使用が要求されます

シナリオ本編

www.evernote.com

シーン割。情報項目。FS判定のイメージまでは出来ているので、あとはコツコツと描写やセリフを埋めれば遊べると思います。
後日気が向いたらバァーっと更新しようと思っています。バァーっと。

DX3 DiceRoller/BCDiceAPIを使ってスマホでダブルクロスの判定


DX3 DiceRoller


ダブルクロス』の新しいサプリメント『バッドシティ』も出たことだし、またダブルクロスを遊ぶ機会があるかもしれないと思ったものの。
『レネゲイドウォー』の時のダイス30個振りは、楽しくもあり、ちょっと面倒くさくもあり。判定に時間もかかるしね!


あと『シャドウラン』はiPhoneのアプリで以下のが便利そうだったことも、思い立った一因です。


で。そういえば以前 html/javascriptで dicerollするコードを書いたはずなのですが、大昔すぎて PC更新したりしたらどこか消えてしまいました。でももう一度書くのも面倒だなぁ。そういえばBCDiceのWebAPIがあったはず。あれを利用すれば各種ダイスボットのコードを書かなくてもいいはず。それにDiceBot界のデファクトスタンダードなので、処理結果に対する信頼性も高いというメリットもあり。
というわけで。ちょっと書いてみました。


とりあえずiPhoneXperia(Android)で使ってみましたが、実用に耐えうるのではないかと思っています。
一応ダイスロールボタンを押したよの合図として音が出るようになっています。使用する際は音量オンがよいかと思います。
お試しください。

  • もっとかっこいい画面デザインとか
  • 結果を共有する機能とか(どどんとふのWebAPIとか利用すれば、指定の部屋に書き込んで共有できるよとか)
  • いやそもそもこれだけの機能だったら、わざわざWebAPIを呼ばずにユドナリウムからOpalでjs変換したコードを流用すればいいのでは?

とか、いろいろあるとは思いますが、まぁ、そこはそれ。

謝辞

  • BCDiceを提供するWebAPIサーバーの仕組みを利用させていただいています。感謝!

GitHub - ysakasin/bcdice-api: BCDiceを提供するWebAPIサーバー

  • 以下のサーバーのWebAPIを利用させていただいています。感謝!

HTTPS版BCDice-API – 大ちゃんのいろいろ雑記

  • あともちろんBCDice本体の開発の方々にも感謝!

ソースコード

他システムのDiceBotを利用する際に転用できるのではないかと思いますので、ソースコードを公開しておきます。
門外漢な分野なので変なことになっているかもしれませんが、ご参考まで。

<html>
<head id="header">
<meta charset="UTF-8" />
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1 user-scalable=no">
<title>DX3 DiceRoller</title>
<style type="text/css">
<!--
div{
	font-size : 150%;
}
input{
	font-size : 200%;
	width: 150px;
	text-align: center;
}

.btn{
	display: inline-block;
	text-decoration: none;
	color: #668ad8;
	width: 65px;
	height: 65px;
	line-height: 65px;
	border-radius: 50%;
	border: solid 2px #668ad8;
	text-align: center;
	vertical-align: middle;
	overflow: hidden;
	font-weight: bold;
	transition: .4s;
}

.btn:hover {
	background: #b3e1ff;
}
-->
</style>
<script><!--
const BCDiceApiURL = "https://www.taruki.com/bcdice-api/v1/diceroll?system=DoubleCross&command="

var intResult=0;

function $(id) { return document.getElementById(id); }

function judge(){
	var strDice = document.getElementById('dice').value
	var strModify = document.getElementById('modify').value
	var strCritical = document.getElementById('critical').value

	if (strDice && strCritical) {
		var strCommand = strDice + "DX" + strCritical
		if (strModify) {
			strCommand = strCommand + "+" + strModify
		}
		console.log(strCommand);
		document.getElementById('sound').play();
		requestBCDiceAPI(strCommand);
	}
}

function judgeReroll(){
	document.getElementById('dice').value = 1;
	document.getElementById('modify').value = intResult;

	var strDice = document.getElementById('dice').value
	var strModify = document.getElementById('modify').value
	var strCritical = document.getElementById('critical').value

	if (strDice && strCritical) {
		var strCommand = strDice + "DX" + strCritical
		if (strModify) {
			strCommand = strCommand + "+" + strModify
		}
		console.log(strCommand);
		document.getElementById('sound').play();
		requestBCDiceAPI(strCommand);
	}
}

function damage(){
	var strDice = document.getElementById('dice').value
	var strModify = document.getElementById('modify').value

	if (strDice) {
		var strCommand = strDice + "D10"
		if (strModify) {
			strCommand = strCommand + "+" + strModify
		}
		console.log(strCommand);
		document.getElementById('sound').play();
		requestBCDiceAPI(strCommand);
	}
}

function emotion(){
	document.getElementById('sound').play();
	requestBCDiceAPI("ET");
}

function requestBCDiceAPI(strCommand){
	const request = new XMLHttpRequest();
	strRequest = BCDiceApiURL + encodeURIComponent(strCommand)
	console.log(strRequest);
	request.open('GET', strRequest);
	request.addEventListener("load",(event)=>{
		var json = JSON.parse(event.target.responseText);
		console.log(json);
		$('result').innerHTML = json.result + "<br/>";

		intResult=0;
		strResult = json.result;
		if ( strResult.indexOf('R') !== -1 && strResult.indexOf('ファンブル') === -1) {
			intResult= parseInt(strResult.substr(strResult.lastIndexOf('>')+1));
			var intModify = parseInt(document.getElementById('modify').value)
			var intRerollModify = 10 - ((intResult - intModify) % 10 );
			intResult= intResult + intRerollModify;
			console.log( intResult);
		}
	});
	request.send();
}
// -->
</script>
</head>
<body>
<audio id="sound" preload="auto"><source src="http://aldente.sakura.ne.jp/public/diceRoll.mp3"></audio>
<div id="result"></div>
<hr>
<table>
	<tr>
		<td>ダイス数</td>
		<td><input type="number" id="dice" min="1" value="1"/></td>
	</tr>
	<tr>
		<td>修正値</td>
		<td><input type="number" id="modify" min="0" value="0"/></td>
	</tr>
	<tr>
		<td>クリティカル値</td>
		<td><input type="number" id="critical" min="2" value="10"/></td>
	</tr>
</table>
<hr>
<table>
	<tr>
		<td><a href="#" class="btn" onclick="judge();">判定</a></td>
		<td><a href="#" class="btn" onclick="judgeReroll();">判定振足</a></td>
		<td><a href="#" class="btn" onclick="damage();">ダメージ</a></td>
		<td><a href="#" class="btn" onclick="emotion();">感情</a></td>
	</tr>
</table>
</body>
</html>

魂を喰らう墓妄想導入

いまはプレイヤーしているので使う予定はないけど、数年後に思い出すかもしれない。
あとこれから「魂を喰らう墓」を遊ぼうとしている人の参考になるかもしれない。ならないかもしれない。届け、この想い!


D&D「魂を喰らう墓」第1回目を遊んで

ダンジョンズ&ドラゴンズ』のシナリオ「魂を喰らう墓」の第1回。
面子は「ファンデルヴァーの失われた鉱山」から引き続き。DMは僕→せいじゅうろうさんへチェンジ。


そんなわけでキャラクター作成です。いえーい。


*1

パラディンのガウェインに代わり、ドワーフクレリックのトルアルドがイーン。
他のPCは継続なので、それにあわせて5レベルスタート。はじめての高レベルキャラクター作成は楽しく。


セッションの方は導入と



軽い?戦闘の光と影。



壮大な導入。広大なマップ。溢れる情報と登場人物。
迫るタイムリミット。どこから手を付けるか、しばし途方に暮れる。


でも恐竜には早く会いたーい!(フラグ

*1:インディ・ジョーンズ風イケオジ考古学者